VIRGIN TRIUMPH | オフ性能を大幅に高めた、新生トライアンフTIGER800XCA & TIGER1200XCA 試乗インプレッション

オフ性能を大幅に高めた、新生トライアンフTIGER800XCA & TIGER1200XCA

様々なシーンで活用できる充実した装備を紹介

【TIGER1200XCA】
アドベンチャーマシンでは初搭載、電動調整式スクリーン

トライアンフ タイガー800XCA & タイガー1200XCA 写真

スイッチ操作で簡単に高さを変えられる電動調整式スクリーン。高速巡行での快適性を飛躍的に高めてくれる。シールドの歪みもなく、自然な視界を確保。スクリーンを一番高く上げハイスピードで走ると若干シールドのブレが生じたが、風の巻き込みなどもなく、空力特性は極めて高い。

【TIGER1200XCA】
夜のコーナリングの不安を払拭するアダプティブコーナリングライト

トライアンフ タイガー800XCA & タイガー1200XCA 写真

車体がバンクした状態だと、ヘッドライトはコーナーのアウト側を照らすばかり。そこで、進行方向を照らすサポートをしてくれるのが、ヘッドライト下に設けられたLEDのアダプティブコーナリングライトだ。車体のバンク角に応じて、6つのライトが点灯する。

【TIGER800XCA/1200XCA】
長距離移動をより快適に! 最新オートクルーズ

トライアンフ タイガー800XCA & タイガー1200XCA 写真

800、1200ともに採用している最新式のオートクルーズ。速度を設定すると、下りではやや抑え気味に、その後の設定速度までの加速は滑らかに、ライダーのコントロールに近い自然な走りをキープしてくれる。

【TIGER800XCA/1200XCA】
6つのライディングモードがシチュエーションにあった走りを提供

トライアンフ タイガー800XCA & タイガー1200XCA 写真

トライアンフ タイガー800XCA & タイガー1200XCA 写真

ライディングモードはロード、レイン、オフロード、オフロードプロ、スポーツ、ライダーディファインの6種類。「モード設定などの操作系はアドベンチャークラスの中で一番いい。取説がなくても分かるぐらいだからね。これだったら、いろんなモードを試す気になる」と三橋選手。モード切替はハンドル左のMのスイッチで行ない、一番下のスイッチで選択、決定をする。選択画面から元の画面に戻したい時には、ハンドル右の家のマークのホームボタンを押すことで簡単に戻すことができる。

注目のアイテムはコチラ

バイク買取&乗り換えガイド