VIRGIN TRIUMPH | 660ccのトリプルエンジンを搭載した新型Street Triple S(ストリートトリプルS)を発表 トピックス

660ccのトリプルエンジンを搭載した新型Street Triple S(ストリートトリプルS)を発表

660ccのトリプルエンジンを搭載した新型Srteet Triple S(ストリートトリプルS)を発表の画像

RS譲りのスタイリングに
軽快なハンドリングを実現

660ccのトリプルエンジンを搭載した新型Street Triple S(ストリートトリプルS)を発表の画像

2020年1月8日(水)、トライアンフモーターサイクルズは新型Street Triple S(ストリートトリプルS)を発表。その心臓部には旧型の排気量765ccからサイズダウンとなる排気量660ccのトリプルエンジンを搭載しており、最高出力70kW (95.2 PS) @ 11,250rpm、最大トルクは66Nm @ 9,250rpmを発揮。低回転域から全域に至るまでスムースかつトルクフルな乗り味を実現している。またエキゾーストシステムも改良され、トリプルエンジン特有の魅力的なサウンドを入手している。もちろんEuro5排ガス基準をクリアし、スタイリングは旗艦モデルのストリートトリプルRSを踏襲し、シャープなツインLEDヘッドライドも装備している。

660ccのトリプルエンジンを搭載した新型Street Triple S(ストリートトリプルS)を発表の画像

足回りに目を向けると、クラス系軽量のホイールに、高速走行時の安定性に貢献するガルウイングスイングアーム、最適化されたピボットポジションにより、機敏なハンドリングを実現。サスペンションには、Showa製41mm径セパレートファンクションフォーク(トラベル量:110mm)と、プリロード調整可能なShowa製ピギーバッグリザーバータイプモショック(リアホイールトラベル:124mm)を装備。

660ccのトリプルエンジンを搭載した新型Street Triple S(ストリートトリプルS)を発表の画像

660ccのトリプルエンジンを搭載した新型Street Triple S(ストリートトリプルS)を発表の画像

最新世代のABSに対応するためフロントブレーキにはNissin製スライディングキャリパー&ダブルディスク、リアブレーキにはBrembo製プレミアムキャリパー&固定式シングルディスクを装着。タイヤには全天候型のPirelli製Diablo Rosso IIIが取り付けられている。

660ccのトリプルエンジンを搭載した新型Street Triple S(ストリートトリプルS)を発表の画像

さらにライドバイワイヤシステム、トラクションコントロール、ロード、およびレインという2つのライディングモードを搭載し、走行条件に合わせてスロットルレスポンスとトラクションコントロール設定が調整され、LCDディスプレイから選択可能。カラーはクリスタルホワイトのみで、ディアブロレッド×ブラックデカール、ブラックタンクバッジという組み合わせを採用。

660ccのトリプルエンジンを搭載した新型Street Triple S(ストリートトリプルS)を発表の画像

発売は2020年春が予定されており、メーカー希望小売価格は99万9,000円となっている。

660ccのトリプルエンジンを搭載した新型Street Triple S(ストリートトリプルS)を発表の画像

バイク買取&乗り換えガイド