VIRGIN TRIUMPH | ストリートトリプル R ロー (2020-) 現行モデルカタログ

ストリートトリプル R ロー (2020-)

ストリートトリプル R ロー (2020-)の画像

STREET TRIPLE R LOW (2020-)

45mmシート高が下げられた
新型ストリートトリプルのミドルクラスモデル

2020年2月11日(火)に発表された新型「Steet Triple R Low(ストリートトリプル R ロー)」。旗艦モデルの「ストリートトリプル RS」と、スタンダードモデルである「ストリートトリプル S」の中間に位置するミドルクラスモデルの登場だ。搭載されるエンジンはEuro5にも適合した排気量765ccのトリプルエンジンで、最高出力118PS@12,000rpm、最大トルクは77Nm@9,400rpmを発揮する。旧モデルに比べてレスポンスがアップし、全回転域においてもパワー&トルクの向上が図られている。

ブレーキにはBrembo製M4.32の4ピストンラジアルモノブロックフロントキャリパー、リアには、同じくBrembo製シングルピストンスライディングキャリパーを装備。フロントサスペンションにはShowa製41mm径倒立式セパレートファンクション・ビッグピストンフォーク、リアサスペンションにはShowa製ピギーバックリザーバータイプモノショックを装備。そのどちらもフルアジャスタブルタイプである。

またTriumphシフトアシスト(シフトアップ/シフトダウンクイックシフター)を標準装備し、ライディングモードはロード、レイン、スポーツの3タイプ。スタイリングはRSを踏襲し、よりアグレッシブなフォルムに変更。専用サスペンションの設定とシートの改良により、標準シート高よりも45mm下げられた780mm というローライドハイト(LRH)を実現している。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
価格(消費税込み)
126万7,000円
エンジン型式
水冷並列3気筒DOHC12バルブ
総排気量
765cc
ボア×ストローク
77.9×53.8mm
最高出力
118PS (86.8kW) @ 12,000rpm
最大トルク
77Nm @ 9,400 rpm
燃料供給
マルチポイントシーケンシャル電子燃料噴射SAI付、電子制御スロットル
駆動方式
Xリングチェーン
トランスミッション
トライアンフシフトアシスト付き6速
オイル容量
燃料タンク容量
17.4リットル
サイズ
全長─×全幅775×全高1,065mm
ホイールベース
1,410mm
シート高
780mm
車両重量
168kg
フロントタイヤサイズ
Pirelli 製Diablo Rosso III 120/70 ZR17
リアタイヤサイズ
Pirelli 製 Diablo Rosso III 180/55 ZR17
フロントブレーキ
310mm径ダブルフローティングディスク、Brembo製M4.32 4ピストンラジアルモノブロックキャリパー、切替式ABS
リアブレーキ
220mm 径シングルディスク、Brembo 製シングルピストンキャリパー、ABS
フロントサスペンション
Showa製41mm径倒立ビッグピストンフォーク(SF-BPF)、調整式プリロード、リバウンドダンピング&コンプレッションダンピング調整機能
リアサスペンション
Showa製ピギーバッグリザーバータイプモノショック調整式プリロード、リバウンドダンピング&コンプレッションダンピング調整機能
主要装備
LCDディスプレイ、4つのライディングモード(ロード、レイン、スポーツ)、ライドバイワイヤシステム、トラクションコントロール

カラーバリエーション

ストリートトリプル R ロー (2020-)の画像
ストリートトリプル R ロー サファイアブラック (2020-) 126万7,000円(消費税10%込み ※2020年2月時点)
ストリートトリプル R ロー (2020-)の画像
ストリートトリプル R ロー マットシルバーアイス (2020-) 126万7,000円(消費税10%込み ※2020年2月時点)

バイク買取&乗り換えガイド