VIRGIN TRIUMPH | 【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016 トピックス

【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016

  • 掲載日/2016年04月11日
  • 取材協力/TOKYO MOTORCYCLE SHOW 2016  取材・文・写真/VIRGIN TRIUMPH.com 編集部
【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016の画像

スラクストンRやボンネビルT120といった注目モデルを中心に展示されたトライアンフブース。

国内最大のモーターサイクルショー
「第43回東京モーターサイクルショー」

第43回東京モーターサイクルショーが、去る3/25(金)・3/ 26(土)・3/27(日)に毎年恒例の東京ビッグサイトで開催された。天候にも恵まれた今年の総来場者数は132,575人で僅かながらも昨年を超えるものだった。トライアンフブースでは、フルモデルチェンジにより革新的な進化を遂げたアドベンチャークラスの最高峰、新型タイガーエクスプローラーが日本での発売に先駆けて大阪モーターサイクショーに続き東京モーターサイクルショーでも出展された。さらに4月9日から発売が開始されるスラクストンRや注目のストリートツイン、ボンネビルT120といったニューモデルも展示され、ブースは大盛況であった。それでは注目のトライアンフブースのレポートをどうぞ!

フォトTOPICS(写真点数/18枚)

【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016
01関東では初のお披露目となった新型タイガーエクスプローラーXRX。発売は5月中旬が予定されている。
【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016
02アグレッシブなフロントマスクがタイガーエクスプローラーの大きな特徴となっている。
【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016
03排気量1215ccの3気筒エンジンは138psを発揮する。アドベンチャーセグメントのなかでも最もパワフルなシャフトドライブエンジンだ。
【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016
04倒立フォークにブレンボ製モノブロックキャリパーをダブルで装備している。
【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016
05水冷SOHC並列2気筒8バルブ270°クランクの排気量1200ccエンジンを搭載したボンネビルT120。
【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016
06トライアンフ究極のカフェレーサー、スラクストンR。正統派のモダンクラシックモデルである。
【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016
07水冷SOHC並列2気筒270°クランクの排気量900ccエンジンを搭載したストリートツイン。
【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016
08インスピレーションキット BRAT TRACKERでカスタムされたストリートツイン。
【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016
09グリップは英車には定番のバレル型ハンドルグリップが装着されている。
【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016
10シートはシンプルなタックロールタイプのベンチシートとされる。
【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016
11マフラーはバンス&ハインズ製のコーンマフラーが取り付けられている。
【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016
12続いてこちらはインスピレーションキット URBANでカスタムされたストリートツイン。
【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016
13ハンドルはカフェレーサースタイルのAceハンドルバーを装着。ショートフライスクリーンもポイントである。
【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016
14マフラーはコーンタイプのバンス&ハインズ製。
【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016
15そしてURBANにはワックスコットンシングルパニアが装着されている。
【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016
16トライアンフブースを魅力的に演出するトライアンフガール。
【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016
17ブースには純正アパレルも展示された。シンプルなデザインなので普段着としても違和感なく着こなすことができるだろう。
【トライアンフ】東京モーターサイクルショー2016
18話題のニューモデルに触れることができるトライアンフブースは大盛況。

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す