VIRGIN TRIUMPH | 本物のオフロードを走るために生まれたアドベンチャーマシン スクランブラー1200 XC/XE 試乗インプレッション

本物のオフロードを走るために生まれたアドベンチャーマシン スクランブラー1200 XC/XE

  • 掲載日/2019年02月06日
  • 取材協力/トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン
    試乗ライダー/三橋 淳 写真/トライアンフモーターサイクルズジャパン まとめ/佐藤旅宇
    記事提供/ガルル編集部
    ※この記事は『月刊ガルル vol.393』に掲載された内容を再編集したものです。
トライアンフ SCRAMBLER1200 XC/XE 写真
TRIUMPH SCRAMBLER1200 XC/XE

街からダートまで幅広く楽しめるトライアンフのスクランブラーが、最新電子制御をまとって大きくモデルチェンジ。とくにスクランブラー1200 XE(SCRAMBLER1200 XE)はフロントに21インチタイヤを装備した本格デュアルパーパス仕様だ。果たしてその実力は? ダカールラリー通算15回出場。2輪、4輪の両部門を通じ、クラス優勝をはじめとする数々の功績を残した日本を代表するラリーストの三橋 淳が試乗した。

ノスタルジックさの中に
最新電子デバイスを満載

スクランブラーとは、ロードスポーツモデルを未舗装路でも走れるようカスタマイズしたバイクを指す。現在のオフロードバイクが確立する以前の過渡期に登場した、そもそもがノスタルジックな存在である。ところがスクランブラー1200 XC/XE(SCRAMBLER1200 XC/XE)は2本サスにアップマフラーという往年のスタイルを踏襲しつつも、専用フレームに電子デバイスを含む最新鋭のテクノロジーをふんだんに搭載したハイパフォーマンスマシンとして登場した。

一応アドベンチャーバイクにカテゴライズされるが、圧倒的にスリムな車体とロングストロークの前後サスペンション、慣性計測ユニット(XEのみ) を用いた秀逸なトラクションコントロールやABSにより、エンデューロコースでも存分に振り回せるオフロード走行性能を実現している。この点に関してはいまのところライバルは不在であり、既存のアドベンチャーバイクの1枚も2枚も上をいく。

トライアンフ SCRAMBLER1200 XC/XE 写真
スクランブラー1200 XC。

もっとも車体のジオメトリーは様々なシチュエーションを想定し、前輪位置が遠く、安定性を重視したものとなっている。純粋なオフローダーに比べるとハンドリングは穏やか。とくにサスストロークの長いXEはフロントタイヤに荷重がかけにくく、タイトターンは少々苦手だ。水冷バーチカルツインは中低速トルクの厚いどちらかといえば古風な特性で、マシンの向きをスロットルワークでコントロールする快感が味わえる。

自分が買うなら断然XEだが、前後250mm(!)という超ロングストロークのサスペンションゆえ、身長182cmでもつま先立ち。一般のライダーはコンパクトなXCのほうが車体との一体感もあって乗りやすいだろう。オンロードもXCのほうが重心が低く、安心して寝かし込んでいけた。

スクランブラー1200 XC/XEのモデル紹介と詳細写真は次ページにて
12

注目のアイテムはコチラ

バイク買取&乗り換えガイド