VIRGIN TRIUMPH | スプリントGT(2011-) 年式別モデルカタログ

スプリントGT(2011-)

スプリントGT(2011-)の画像

SPRINT GT(2011-)

居住性と使い勝手を重視した改善作業で
グランドツアラーとしての資質を獲得

2011年から発売が始まった『スプリントGT』は、『スプリントST』をベースにツーリング性能を高めたモデルである。STとの最大の相違点は、スイングアームの延長によってホイールベースをST+80mmの1,537mmとしていることで、この変更によって高速域における直進安定性とタンデムライダーの居住性は格段に向上。サイレンサーをセンターアップタイプから右側1本出しにしたことも見逃せない要素で、この改革は排気系の熱によるライダーへの影響を最小限に抑えると同時に、低重心化にも大いに貢献している。

その他にGTで見直しを受けたパーツは、容量を22リットルから31リットルに増大したパニアケース、照射範囲の拡大を目指してプロジェクターからマルチリフレクター式に変更されたヘッドライト、リモートプリロードアジャスター付きとなったリアショック、デザインが一新された3連メーターなどで、そのいずれもがツーリングにおける快適性に貢献。1,050ccトリプルユニットの基本は不変だが、インジェクションマップの改良で最高出力は125psから130psに向上し、それに伴い、6速のギア比は7%ハイギアード化されることとなった。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
価格(消費税込み)
166万9,500円
エンジン型式
水冷並列3気筒 DOHC 12バルブ
総排気量
1,050cc
ボア×ストローク
79×71.4mm
最高出力
130ps/9250rpm
最大トルク
108Nm/6,300rpm
燃料供給
電子制御式燃料噴射
駆動方式
チェーン式
トランスミッション
6速
オイル容量
3.2リットル
燃料タンク容量
20リットル
サイズ
全長2,260×全幅760×全高1,210mm
ホイールベース
1,537mm
シート高
815mm
車両重量
268kg(装備)
フロントタイヤサイズ
120/70ZR17
リアタイヤサイズ
180/55ZR17
フロントブレーキ
油圧式ダブルディスク
リアブレーキ
油圧式シングルディスク

カラーバリエーション

スプリントGTの画像
パシフィックブルー(2011)
スプリントGTの画像
アルミニウムシルバー(2011)
スプリントGTの画像
ファントムブラック(2012)

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す