VIRGIN TRIUMPH | トライアンフ タイガー800XRx 試乗インプレッション

トラインフタイガー800XRxの画像
TRIUMPH TIGER800XRx

トライアンフ タイガー800XRx

ミドルクラスで世界的な人気を誇る
アドベンチャーモデルが電子制御化

2010年のデビュー以来、世界で34,000台が販売され、アドベンチャーモデルの世界的セグメントシェアにおいても25%という高い人気を誇るタイガー800。2015年1月に国内投入された最新シリーズには、オンロード志向のオールラウンダー『タイガー800XR/XRx』と、オフロード寄りの装備を施した『タイガー800XC/XCx』の2つのバリエーションが用意されている。

従来モデルからの大きな進化は、電子制御システムが導入されたこと。ライドバイワイヤによる電子スロットルとなり、ライディングモードやスロットルマップ(タイガー800XRxとタイガー800XCx)、トラクションコントロールなどが標準装備された。さらなる進化・熟成を遂げたミドルタイガーの魅力に迫る。

トライアンフ タイガー800XRx 特徴

トライアンフ タイガー800XRx 写真

走りを最適化するライディングモード
エンジンが熟成され燃費性能も向上

今回試乗したのはオンロード寄りの仕様『タイガー800XRx』である。デイトナ675系をベースに排気量を拡大した水冷並列3気筒799ccエンジンは第2世代となり、新たにライドバイワイヤによる電子制御スロットルを導入。よりスムーズなパワーと俊敏なレスポンス、そしてエミッション低減を実現している。

新型の大きな特徴として、上級モデルであるタイガー800XRxとタイガー800XCxにライディングモードが搭載されたことが挙げられる。『ロード』と『オフロード』、任意に設定できる『プログラマブルライダー』の3つのモードを用意。ボタン操作ひとつでトラクションコントロール、ABS、スロットルマッピングを変更し、走行条件や路面状況に合わせて最適化できるのが特徴だ。

トライアンフ タイガー800XRx 写真

例えば『ロード』であればトラクションコントロールも舗装路での使用を想定してリアホイールスピンの許容量は低めだが、『オフロード』では逆にスピン量を多めに許容してリアを流しながら曲がれる設定になる。ABSも『オフロード』ではリア側が解除され、フロント側も介入を遅くするなど、ダート路面で安全に制動しながらもブレーキターンなどの豪快な走りも満喫できるしくみになっている。

また『プログラマブルライダー』ではトラクションコントロールやABSをライダーが任意に設定できるほか、スロットルマップも『レイン』『ロード』『スポーツ』『オフロード』の4種類を用意。最大出力は変わらないが、スロットル開度に対するレスポンスを変化させることで走行状況に応じた最適なマップを選べるなど、オーダーメイドで自分好みの走行特性に仕立てられるのが魅力となっている。さらに、新たにクルーズコントロールを標準装備し、ロングライドでの快適性も向上した。

トライアンフ タイガー800XRx 写真

エンジンにも改良が加えられ、内部パーツ変更によるメカニカルノイズ低減とともに、シフト機構にデイトナ675と同様のパーツを採用することで、より軽く正確なギアチェンジ動作が可能になった。燃費性能も17%向上し、400kmを超える無給油走行ができる。

シャシーも一部改良を受け、オンロードでのハンドリングとオフロードの踏破性がともに向上した。ショーワ製の前後サスペンションは、フロントにブラック酸化皮膜処理が施された43mm倒立タイプ、リアにはプリロード調節機能付きモノショックを装備し、快適な乗り心地と確実なロードホールディングを実現。

外観上もラジエターシュラウドとタンクサイドパネルのデザインが見直され、よりシャープで精悍さを増したスタイリングとなっている。

トライアンフ タイガー800XRx 試乗インプレッション

より安全かつスポーティに
オールラウンド性能がアップ

トライアンフ タイガー800XRx 写真

新型になり、グレード感が一段とアップした。ラジエターシュラウドが大型化され、フロントまわりのボリュームが増してアグレッシブな印象となり、美しい曲線を描くスチールフレームにはチタンパウダーコートを施すことでフォークチューブのアノダイズド処理とともに高級感を醸し出している。フルモデルチェンジのような派手な変身ではないが、静かに中身の進化をアピールしているあたりがトライアンフらしい。

車格もちょうど良い。アドベンチャーモデルらしい大柄な押し出し感を演出しつつも、実際に跨ってみると意外とスリムでシートが低く足つき性が良い。特に、2段階に高さ調整ができるシートを低い位置にセットすると、ビッグネイキッドと同等くらいの感じだ。アップライトで視界も良く、余裕のある懐まわりも好みだ。

トライアンフ タイガー800XRx 写真

走り出してまず感じたのは、エンジンのスムーズさ。従来モデルでは3気筒独特のややザラッとした回転フィールを強めに感じたが、新型ではパルス感を残しつつも回転がより滑らかになり、吹け上がりも軽くなった。電子制御スロットルになり、右手を捻ること自体が楽になったことも影響していると思うが、パワーデリバリーがきめ細かく軽快なのだ。シフトフィールも大きく変わった。以前より節度感が出て、軽い力でスムーズにギアチェンジが決まる。吸い込まれるようにギアが入る感覚だ。まさにデイトナ675と同じシフトフィールと言って良い。スペックに表れない部分だが、実際のライティングにおいては、この感性に訴える部分が大事であるとあらためて思う。これだけは乗ってみないとわからない。

ハンドリングについては、フロント19インチの大径ホイールとスチールフレーム、長い脚を生かしたダイナミックでしなやかな従来どおりの走りが特徴。サスペンションの設定も絶妙で、オンロードスポーツモデルほど減衰力が勝っていないし、オフロードモデルのようにフワフワでもなく、ほど良いストローク感で、アスファルトが剥がれて荒れた路面でも気にすることなく走破していける。

トライアンフ タイガー800XRx 写真

トライアンフ タイガー800XRx 写真

新型でもっとも進化したのは、電子制御技術だ。何日か試乗した中には雨天もあったので、ライディングモードを試す絶好の機会となった。まず『ロード』に設定。これは通常走行状態だが、スロットルを開けたときにマンホールに乗るなどして後輪が空転すると、すかさずインジケーターが点滅してトラクションコントロールが作動していることを知らせてくる。この滑りのタイムラグすら怖い場合は、スロットルマップを『レイン』にするとスロットルのレスポンスが穏やかになり、ほぼ滑らないので安心だ。ABSに関しては、わりと早めに介入してくるが、前輪ロックなどの心配がないので、思い切ってブレーキをかけられるはずだ。

試しにダートで『オフロード』にも設定してみた。パワーの出方が穏やかになるため、滑りにくくなるが、トラクションコントロールやABSの介入は控えめで、いざ滑ってしまうと自分でコントロールする必要がある。つまり、ダートで積極的にリアブレーキを使ってターンしたり、後輪をスライドさせて向きを変えたりするのに適しているわけで、いわば上級者向けのモードと言って差し支えないだろう。

トライアンフ タイガー800XRx 写真

このように、電子デバイスを駆使することで通常走行はもとより雨天やダートでもより安全かつ積極的にライディングを楽しめるようになったことが、新型タイガー800の最大の魅力だろう。加えて、クルーズコントロールや可変式スクリーンが装備されたことによって連続高速クルーズがより快適になった。街乗りにも使えるサイズ感と積載性、ワインディングロードでのスポーツ性能も含めて、まさにオールラウンドな1台だ。

トライアンフ タイガー800XRx の詳細写真

トライアンフ タイガー800XRxの画像
ストリートトリプル系の水冷並列3気筒DOHCエンジンをベースにロングストローク化し、排気量を799ccに拡大。新型では内部パーツを見直し、特にシフト機構についてはデイトナ675同様のパーツを採用するなど、作動性を高めている。
トライアンフ タイガー800XRxの画像
フロントは走破性の高い19インチホイールに308mm径のダブルディスク&片押し式2ピストンブレーキキャリパーの組み合わせ。フロントフォークはインナーチューブにブラックアノダイズド処理を施した43mmの倒立タイプを採用する。
トライアンフ タイガー800XRxの画像
リアは17インチホイールに255mm径ディスク&シングルピストンキャリパーの組み合わせ。前後ともブレーキはニッシン製で、ABSも標準装備する。プリロードアジャスター装備のリンク式モノショックを採用。ちなみに前後ともショーワ製だ。
トライアンフ タイガー800XRxの画像
試乗車には純正オプションのARROW製スリップオンサイレンサーが装着されていた。カーボンのエンドピースや取り付けバンド、ヒートガードを採用した本格派タイプで、ドレスアップとともに軽量化にも貢献。
トライアンフ タイガー800XRxの画像
ヘッドライトは、トライアンフらしさが光るマルチリフレクター2灯タイプを採用。スクリーンは手動で高さを調整できるタイプにグレードアップされた。高速クルーズでの防風効果はなかなかのもの。
トライアンフ タイガー800XRxの画像
フューエルタンクと一体型のサイドカバー&ラジエターシュラウドもデザインを一新した。大型化されて、アグレッシブかつシャープな印象となった。
トライアンフ タイガー800XRxの画像
フューエルタンクの容量は、従来型から1リットル増えて20リットルを確保。燃費性能向上の効果と合わせて、最大でワンタンク438kmの航続距離を実現する。
トライアンフ タイガー800XRxの画像
ゆったりとした前後分割タイプのシートは、2段階に高さを調整可能。写真はハイポジション(830mm)に設定した状態だが、足つきは悪くない。ローポジション(810mm)にすると、さらに足つきは向上する。
トライアンフ タイガー800XRxの画像
シートの高さ調整は、いたって簡単。前部シートを外して裏側2カ所にあるガイドバーの位置をずらすだけ。ゴムで引っ張るタイプなので、工具なしで即作業できる。
トライアンフ タイガー800XRxの画像
左グリップ部分のスイッチを操作してメーター表示の切り替えや細かいモード設定を行う。クルーズコントロールの操作は右グリップで行うしくみだ。
トライアンフ タイガー800XRxの画像
イグニッションのキーシリンダー横の便利な場所に12Vの電源ソケット(ヘラータイプ)を設置。シート下にもうひとつ電源を確保し、走行しながらのスマホ充電なども可能だ。
トライアンフ タイガー800XRxの画像
メーターパネル左端の『m』ボタンを使って、液晶メーター中央に設置されたアイコンを見ながらライディングモードの切り替えを行う。そのすぐ下のボタンはハザードランプ。すぐに慣れるので、操作は直感的にできるはず。

関連する記事

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す