VIRGIN TRIUMPH | トライアンフ ストリートスクランブラー 試乗インプレッション

トライアンフ ストリートスクランブラ―の画像
TRIUMPH STREET SCRAMBLER

トライアンフ ストリートスクランブラー

  • 掲載日/2017年03月31日
  • 取材・文/佐川健太郎  写真・動画/山家健一  衣装協力/HYOD

正統派スクランブラ―の
スタイルを現代に再現

2016年11月に開催されたEICMA(ミラノショー)において、水冷ボンネビルシリーズの最新モデルとして発表されたのが「ストリートスクランブラー」である。同シリーズ中で最もベーシックなモデルであるストリートツインをベースに ワイドなハンドルバーを備えたアップライトなライディングポジションと19インチのフロントホイール、長いリアショック、メッツラー製デュアルパーパスタイヤを備えたモデルである。ちなみに“スクランブラ―”とは、ダートなどの不整地を走りやすくするためにオンロードバイクを改造したもので、オン(アスファルト)とオフ(ダート)の棲み分けが曖昧だった時代に流行ったカスタムのひとつのスタイルである。その意味でストリートツインがベースの派生モデル(つまり改造車)であることも含め、これは正真正銘、現代のスクランブラ―と言えるモデルなのだ。

動画『やさしいバイク解説:トライアンフ ストリートスクランブラー』はコチラ

トライアンフ ストリートスクランブラー 特徴

トライアンフ ストリートスクランブラー 写真

大径ホイールにアップマフラーなど
ダートを意識した装備が魅力

ストリートスクランブラ―は、水冷エンジンを搭載する新世代ボンネビルシリーズのエントリーモデルであるストリートツインがベースになっている。従来型のスクランブラ―は空冷並列2気筒865ccエンジンを搭載するボンネビルT100がベースだったが、これに比べるとひと回りコンパクトな車体と洗練されたスタイリングが特徴となっている。

エンジンはストリートツイン系の水冷並列2気筒SOHC4バルブ900ccを採用するが、元々高トルク型の出力特性を強化することで低中速域でのトルクをさらに高めているのが特徴。270度クランクによる鼓動感溢れるパワーフィールも魅力となっている。現行ボンネビルシリーズと共通のライド・バイ・ワイヤー式FIと水冷システムの組み合わせにより、優れたスロットルレスポンスやコントロール性とともに低燃費とクリーン排気を実現している点もポイントだ。

トライアンフ ストリートスクランブラー 写真

電子制御を導入した最新の装備も見逃せない。前後ディスクブレーキには切り替え式ABSを装備し、切り換え式のトラクションコントロールシステムとともに安全性を向上、クラッチレバーの操作力を軽減するトルクアシストクラッチにより街乗りや長時間走行での快適なライディングをサポートしている。

トライアンフ ストリートスクランブラー 写真

そして、最も目を引くのはスクランブラ―らしい個性的なスタイリングだろう。ストリートツインよりワンサイズ大きいフロント19インチを採用する前後クロススポーク仕様のホイールや、ショック長を伸ばしたリアサスペンション、ワイドハンドルバーやメッツラー製デュアルパーパスタイヤをOE装着するなど、ダート走行での走破性やコントロール性を高める仕様になっているのが特徴。中でもハイマウントされた右側2本出しステンレスマフラーは、スクランブラ―としての象徴的な機能アイテムとしてデザイン面でもアピールポイントになっている。

LEDリアライトやシート下のUSB充電ソケットなどの現代的な装備や、ロックキャップ付き燃料タンク、黒塗りのエンジンカバーに輝くエンブレムバッジなど、クラシカルでグレード感溢れるディテールも魅力だ。

トライアンフ ストリートスクランブラー 試乗インプレッション

ダート風味を街乗りでも楽しめる
個性的でスタイリッシュな走り

トライアンフ ストリートスクランブラー 写真

自分にとってトライアンフの「スクランブラ―」というと、往年の名画「大脱走」の劇中でスティーブ・マックイーン本人が演じた(諸説あるが)と伝えられる柵越え大ジャンプが印象的だ。否、正確にはスクランブラ―ではなく、これまた往年の名車TR6をベースに撮影用に改造したものと聞く。過日行われたトライアンフの2017モデル発表会でもそのレプリカが展示されていたが、たしかにマフラーは低い位置にセットされたピーシュータータイプだし、「これで本当に飛んだのか!?」と思うほどオンロードバイクの雰囲気ではあったが、それはともかく、広大な牧草地をスライドしながら走り回り、鉄条網を飛び越えて逃げていったあのシーンが、自分にとってのスクランブラーのイメージとして焼き付いているのだ。

トライアンフ ストリートスクランブラーの画像

というわけで、まず惹かれるのがそのスタイリング。初めて見た人は「なんでこんなところにマフラーが付いているのだろう」と思うかもしれないが、これはオフロード走行を前提としているためだ。最低地上高を稼いでサスペンションが深くボトムしても岩などにヒットしないように、また浅瀬なども走破できるようにするための工夫だ。同じように18インチから19インチに大径化されたフロントホイールや、ストロークを伸ばされたリアサスペンション、深い溝が刻まれたブロックタイヤなどもオフロードでの走破性を高めるため。幅広で高めにセットされたハンドルバーやギザギザの付いたステップやペダル類にもダートの香りを感じることができる。もちろん、モトクロッサーやトレールバイクのような本格的なオフロード性能はないが、その気になれば(腕もあれば)ちょっとしたフラットダートなどでは十分遊べるだけのポテンシャルを持ったモデルということだ。今回の試乗では街乗り中心でダートまでは足を伸ばせなかったが、従来型の空冷スクランブラ―がT100をベースにしていたため大きく重かったことを考えると、新型は軽量コンパクトでしかも排気量が増えてトルクアップしているため、ダート走行もきっとより楽しめると思う。

トライアンフ ストリートスクランブラー 写真

またがってみると、シート高はベースのストリートツインよりやや高めだが足着きは良好で、ハンドル位置も高く全体的にアップライトな姿勢になる。走り出して気づいたのは、従来型のスクランブラーで感じたマフラーの熱をあまり感じなかったこと。きっと取り回しが改善され、エキパイがより内側の低い位置に追い込まれたおかげだろう。夏場は分からないが、だいぶ快適になった。

フロント19インチホイールや長いリアショックなど、オフロード想定の足回りとなったことで、舗装路を走っていても乗り心地が良いのがいい。見晴らしも良く悠々とした気持ちになれる。ベースのストリートツインと比べると車重も増えているためか、ハンドリングは大らかでフロントにどっしり感があるが、それがかえって安心感になっている。

トライアンフ ストリートスクランブラー 写真

エンジンもテイスティだ。270度クランクによる鼓動感がストリートツインよりもさらに強調されて、スロットルを開けると歯切れの良いサウンドとともに弾かれたような加速感が味わえる。

トライアンフ ストリートスクランブラー 写真

電子制御の恩恵もありがたい。ABSもグレードアップしているようで、以前と比べると作動時のショックがほとんど気にならなくなり、ずっとスムーズになった。トラクションコントロールのおかげで交差点の曲がり角にマンホールがあっても神経をすり減らさずに済むし、ABSと合わせて雨の日などもずっと安全に走れる。ストップ&ゴーの多い街中ではクラッチの軽さも大きなメリットだ。

トライアンフ ストリートスクランブラー 写真

見た目はクラシカルだが、どこでも走りやすく安全で快適。デザインも現代風に洗練され、都会の景色にもよく馴染む。それでいて味わい深いエンジンにダートも走れる機動力とくれば、乗っていて素直に気持ちがいい。いろいろなシチュエーションで楽しめる、遊び心を持ったモデルだ。

トライアンフ ストリートスクランブラー の詳細写真

トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
水冷並列2気筒SOHC4バルブ900ccエンジンは270度クランク採用により鼓動感溢れるサウンドが魅力。最高出力は55psだが、最大トルクは従来モデルより大幅にアップしている。空冷風のシリンダーフィンやキャブレター風のFIカバーがまた雰囲気だ。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
右2本出しのハイマウントマフラーが外観上の最大のチャームポイントにもなっている。ステンレス製の本体にアルミ製のヒートガードが装備され、高級感のある仕上がりだ。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
容量12リットルのフューエルタンクはストリートツインと共通だが、タンクパッドは独自の装備。メッキ加工のフィンカバー付きフューエルキャップや塗り分けられたカラーが美しい。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
クラシカルなデザインのシートは滑りにくいレザーでライディング時の一体感もある。リアシートはメインキーで取り外し可能で、オプションのキャリアに付け替えることもできる。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
コンパクトな丸型ヘッドライトの中心には、よく見るとトライアンフのロゴ入りバルブキャップカバーを装備している。ブラックリムが精悍さをアピール。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
テールランプ&ストップランプにはLEDタイプを採用。消費電力の低減と耐久性向上にも寄与している。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
シンプルにまとめられたグリップ部分。上部のインフォメーションスイッチを長押しすることでトラコンを解除できる。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
ストリートツインに比べてよりワイド&アップタイプになったハンドルバー。ダートでのコントロール性も考慮された形状だ。アルミ製テーパータイプで質感も高い。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
車体下側にさりげなく装備されたアンダーカバー。本来はダート走行時にエンジンやフレームを保護するためのパーツだが、見た目の“らしさ”演出にもひと役買っている。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
フロントフォークは正立式を採用。Φ310 mmシングルフローティングディスクとニッシン製2ピストンフローティングキャリパーの組み合わせ。安心のABS標準装備だ。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
リアサスペンションにはコンベンショナルなプリロード調整機能付きのKYB製ツインショックを採用。ホイールトラベルは前後とも120mmと一般的なオンロードモデル並みである。タイヤはメッツラー のデュアルパーパス用「Tourance」を標準装備。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
アナログ式スピードメーターの中に現代的なマルチファンクションメーターを備えるメーター。そのマルチファンクションメーター部には機能の切替でデジタル式タコメーターを表示することもできる。

SPECIFICATIONS –TRIUMPH STREET SCRAMBLER

トライアンフ ストリートスクランブラー 写真

価格(消費税込み) = 122万500円~

※表示価格は2017年2月現在

トライアンフの新型ボンネビルシリーズのベーシックモデルであるストリートツインをベースに、ダート走行をイメージした“スクランブラ―”スタイルが与えられた派生モデル。

  • ■エンジン型式 = 4ストローク 水冷並列2気筒SOHC4バルブ270度クランク
  • ■総排気量 = 900cc
  • ■ボア×ストローク = 84.6×80.0mm
  • ■最高出力 = 40.5kW (55ps) / 6,200 rpm
  • ■最大トルク = 80 Nm / 2,850rpm
  • ■トランスミッション = 5速リターン
  • ■サイズ = 全長-mm× 全幅831mm ×全高1,120mm
  • ■車両重量 = 206kg
  • ■シート高 = 790mm
  • ■ホイールベース = 1,446mm
  • ■タンク容量 = 12リットル
  • ■Fタイヤサイズ = 100/90-19
  • ■Rタイヤサイズ = 150/70-17

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す