VIRGIN TRIUMPH | デイトナ955i(2001) 年式別モデルカタログ

デイトナ955i(2001)

デイトナ955i(2001)の画像

DAYTONA955i(2001)

スーパースポーツ界の覇権を握るべく
エンジンとシャシーの全面刷新を敢行

トライアンフ製3気筒スーパースポーツのトップモデルとして1997年にデビューした『T595デイトナ』は、1999年になると車名を『デイトナ955i』に改め、2001年にはフルモデルチェンジを敢行。最高出力が+19psの149ps、乾燥重量が-10kgの188kgになった背景には、日本やイタリアのリッタースーパースポーツに立ち向かおうという意識があったようだ。

2本のアルミ楕円パイプを用いるフレームは、従来型の基本構成を踏襲するものの、運動性を重視した結果としてキャスター角は24°から22.8°に、トレールは86mmから81mmに変更。片持ち式だったスイングアームは両支持式に刷新され(2003年から再び片持ち式を採用)、前後ホイールやショックユニットも構造を見直している。一方のエンジンは、シリンダーヘッドやピストン、コンロッド、クランクシャフトといった主要パーツの設計を改めると同時に、オルタネーターやスタータークラッチといった補器類の設計も一新。ボアサイズを43mmから44mmに拡大したスロットルや、連結パイプを追加したマフラーなど、改革の手は吸排気系にも及んでいた。

こうしてリッタースーパースポーツとしての着実な進化を遂げたデイトナ955iだが、残念ながら2006年に生産は終了。その血脈はミドルスーパースポーツのデイトナ675/Rに受け継がれているものの、3気筒リッタースーパースポーツならではの刺激を求めるユーザーは現在でも世界中に存在し、トライアンフ本社には955iシリーズの復活を望む声が数多く寄せられている。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
価格(消費税込み)
130万8,000円
エンジン型式
水冷並列3気筒 DOHC 12バルブ
総排気量
955cc
ボア×ストローク
79×65mm
最高出力
149ps/10,700rpm
最大トルク
10kg-m/8,200rpm
燃料供給
電子制御式燃料噴射
駆動方式
チェーン式
トランスミッション
6速
燃料タンク容量
21リットル
サイズ
全長2,072×全幅725×全高1,165mm
ホイールベース
1,417mm
シート高
815mm
車両重量
188kg(乾燥)
フロントタイヤサイズ
120/70ZR17
リアタイヤサイズ
180/55ZR17
フロントブレーキ
油圧式ダブルディスク
リアブレーキ
油圧式シングルディスク

カラーバリエーション

デイトナ955iの画像
アシディックイエロー(2002)

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す