VIRGIN TRIUMPH | トライアンフ スラクストン(2016) 試乗インプレッション

トラインフスラクストンの画像
TRIUMPH THRUXTON

トライアンフ スラクストン(2016)

水冷化したツインの味わいとは
その進化の是非を追求する

トライアンフのラインナップでもっとも人気が高いカテゴリー「モダンクラシック」のバーチカルツインエンジンが水冷化された一報はすでにご存知のとおり。その新型エンジン発表とともに、ストリートツイン、ボンネビルT120、そしてスラクストン/スラクストンRが発表され、大いに話題を呼んだ。ハイエンドなスラクストンRよりもニュートラルな仕様のスラクストンに、英国モーターサイクルメーカーのどんな想いが注ぎ込まれているのか興味深く試乗したところ……「これぞ正常進化」と感嘆の声をあげたくなるほど高い完成度を見せつけてくれた。

トライアンフ スラクストン 特徴

トライアンフ スラクストン 写真

カフェレーサーを知り尽くす
英国メーカーだからこその完成度

トライアンフの人気カテゴリー「モダンクラシック」のボンネビルシリーズがフルモデルチェンジをはたしたのが2015年のこと。「ついに」と言うべきか、モダンクラシックモデルのエンジンが水冷化することとなったのだ。発表されたのは、ストリートツイン、ボンネビルT120、そしてスラクストンRの3モデル。いずれも先代モデルのデザインを踏襲し、基本的なスタイルはそのままにより流麗で現代風にアレンジされていた。

この新型スラクストンが発表されたのはこれら3モデルのすぐ後で、お察しのとおりスラクストンRをよりニュートラルにした仕様になっている。エンジンは水冷並列2気筒 SOHC 8バルブで、最大トルクはR同様、ストリートツインやT120を上回る112Nm/4,950rpmというセッティングとなっている。違いはそのフットワークで、ショーワ製ビッグピストンフロントフォークにオーリンズ製リアショック、ラジアルマウント式ブレンボモノブロックブレーキキャリパーを標準装備とするRに対して、リザーバータンクのないスタンダードなプリロード調節式ツインショックに倒立フロントフォーク、前後とも2ピストンフローティングキャリパー(ABS機能付き)となっている。価格も159万円と、179万円のRより抑えられている。

トライアンフ スラクストン 写真

先代の空冷スラクストンと比べると、スペックだけ見比べても違いは明らかだ。まずエンジンだが、DOHCからSOHCへと変わり、最大トルクも71.5Nm(7.3kg-m)に対して112Nmと、大幅に向上。そしてライド・バイ・ワイヤ・システム(電子制御式燃料噴射)仕様となり、トラクションコントロール機能にABS機能、さらには「ROAD」「SPORTS」「RAIN」という3モードのエンジンモード切り替え機能まで備わる。

様変わりしたマシンビジュアルにも心憎い演出が多々盛り込まれている。フューエルタンクとシート、メガホンマフラー、ヘッドライトステー、そしてショート化された前後フェンダーはスラクストンモデルのオリジナルとなっている。復活したルーカススタイルのテールライト、フォークブーツも見逃せないポイントだが、個人的にはフューエルタンクにモンツァキャップが標準装備となっているところに身悶えしてしまう。1950~60年代の英国カフェレーサーブームに登場したクラシカルなデザインのタンクとキャップを備えている点に、トライアンフの自国モーターサイクル史への誇りと愛情を感じずにはいられない。バーエンドミラーも思わずニヤリとするところだ。

それでいて、バイクとしては現代のロードシーンを想定した仕様になっているのが面白い。セパレートハンドル & バックステップというカフェスタイルを取り入れつつも、ステップはややニュートラルな位置にあり、セパレートハンドルもトップブリッジに対してアンダーマウントとされながら、ハンドル自体はトップブリッジよりも高い場所にあるので、実際に跨ってみると思っていたよりもきつくない。これなら街乗りはもちろん、ちょっとしたツーリングに出かけても腰を痛めるなんてことはなさそうだ。

トライアンフ スラクストン 写真

クラシックなカフェレーサースタイルを踏襲するならば、前後ホイールは18インチとなる……昔のスタイルを知る人ならばそう言うところだろう。しかしこの新型スラクストンはスポークホイール仕様ながら、サイズは前後17インチとなっている。これは現代のロードスポーツバイクに多用されるサイズで、モダンクラシックでありながらもバージョンアップを遂げた水冷エンジンに合わせて、スポーティにストリートを駆け抜けることをイメージしたがゆえの仕様なのだろう。

スタイルはクラシカルなカフェレーサーながら、現代のロードスポーツとして仕上げられた新型のマシン。それでは、実際のエンジンフィーリングやライドフィールはどんなものか。ツインエンジン最大の魅力は味わい深さにあり、それが水冷化したことで損なわれているとしたら、本末転倒である。その具合を探るべく、街へと走り出した。

トライアンフ スラクストン 試乗インプレッション

ネオクラシックのあるべき姿を
突きつけるトライアンフの答え

トライアンフ スラクストン 写真

正直言うと、水冷バーチカルツインエンジンに対して疑問がないわけではなかった。私自身、7年ほど前に空冷ボンネビルT100を所有していたことがあり、シャープなフィーリングが特徴の水冷化はツインエンジン特有の味わいを損ねてしまうのでは、と思っていたからだ。

その思い込みは、走り出した途端、驚きとともにすべて消し去られてしまった。確かにキレのいいフィーリングだが、エンジンが奏でる鼓動はツインならではの小気味いい振動で、とても水冷化したものとは思えない心地よさを味わわせてくれる。スロットルをひねればドドドドっと野太いパワーが体全体に伝わってきて、力強くて勢いのある加速を楽しませる。街中でなら2速パーシャルで引っ張りつつ、見通しの良い道路で一気に3速にあげてスピード感を体感する。高速道路に入れば、さらに上のギアでトップスピードへと引き上げ、速すぎないライディングの世界へ飛び込んでいける。

トライアンフ スラクストン 写真

ここで気になるのが、3つのエンジンモード切り替え機能だ。スタンダードな「ROAD」モードはツインエンジン特有の味わいを残しつつ、快適なストリートライドを楽しませる性能がベースとなっている。続いて「SPORTS」モードに切り替えると、まさにその名のとおり、「ROAD」モードよりもクイックな加速が魅力のピーキーな仕様へと変貌。よりアクティブなライディングを楽しみたい人は、この「SPORTS」モードをとことん追求するのがいいだろう。「RAIN」モードは雨天時における挙動をセーブする仕様で、このモード時の発進は「ROAD」モードに比べてかなり鈍い。これは、急な加速でスピンしないよう配慮されたものなのだろう。ライド・バイ・ワイヤ機能を土台に3つのキャラクターが付与されたと考えると、かつての空冷スラクストンと比べたらその進化の度合いは計り知れない。

トライアンフ スラクストン 写真

身長174cm/体重74kgのライダーによるライディングポジション

フットワークについて、さらに上のグレードとなるスラクストンRの装備はこのスラクストン以上ではあるが、常にワインディングやサーキットを走りたい人でなければ、スラクストンのサスペンションやブレーキングシステムで十分だと思う。ワインディングでもしっかりと沈み込んで、ちょうどいいタイミングで立ち上がってくれるなど、その性能に疑いの余地はなかった。ここに17インチスポークホイール & ピレリが誇る渾身のロードタイヤ「エンジェルGT」が組み合わさるのだ、ネオクラシックなどという呼び方では物足りなくなるほどロードスポーツ然とした性能を見せつけてくる。街中やツーリングであれば、必要にして十分な能力を有していると言えよう。

これらの走行性能を支えるボディデザインも、しっかり煮詰められている。跨ってみてまず感心するのが、ボディの細さだ。クラシックカフェに見られるデザインを踏襲したフューエルタンクはニーグリップ部分が細くなっており、両脚でしっかりと挟み込むことができる。その細さは20cmないほどで、そこそこ横幅があるはずのバーチカルツインエンジンの大きさを微塵も感じさせない。これでラバーグリップを備えれば、これ以上ないホールド感を得られることだろう。

カフェレーサーといえば、アンダーマウントのセパレートハンドルに後ろめに設置されたバックステップによる窮屈なポジションから、前かがみ姿勢を余儀なくされて前方を見続けていると首の後ろが痛くなってくるものだ。しかしこのスラクストンは、ハンドル位置がまるでバーハンドルのような高さにあり、なおかつバックステップもそれほど後ろに位置していないので、比較的上体が起きたライディング姿勢となる。1~2時間走っても、首が痛くなることはまずない。

トライアンフ スラクストン 写真

その昔、空冷スラクストンに多く乗る機会に恵まれたことがあるのだが、正直言って比べものにならないほど乗りやすくなっている。ボディサイズがコンパクトになったのも要因として大きく、1,510mmという空冷スラクストンのホイールベースに対して、新型スラクストンのホイールベースは1,415mmと、10cm近く短くなっているのだ。そこにバージョンアップしたフットワークと前後17インチホイール、ピレリ・エンジェルGTという組み合わせが加わるのだから、コーナリングが一層快適になったのは当然のことと言えよう。

よりフレンドリーに、よりスポーティに進化した新型スラクストン。それも、先代モデルの持つ味わい深さやビジュアルを継承して。「ネオクラシックとはこういうものだ」というトライアンフの強烈なメッセージを突きつけられた想いだ。

トライアンフ スラクストン 写真

トライアンフ スラクストン の詳細写真

トライアンフ スラクストンの画像
ライド・バイ・ワイヤ・システム(電子制御式燃料噴射)が備わる排気量1,200cc / 水冷並列2気筒 SOHC 8バルブエンジン。フレーム前部にコンパクト化したラジエターが。
トライアンフ スラクストンの画像
正統派クラシックの証とも言えるラウンド型ヘッドライトは最新のLED仕様に。カスタムテイスト溢れるヘッドライトステーのデザインは、先代スラクストンから踏襲されたものか。
トライアンフ スラクストンの画像
カフェレーサースタイルの必須項目とも言えるセパレート型ハンドル。トップブリッジ下部にマウントされるが、バーそのものはトップブリッジよりも高い位置になっているので、ポジションはバーハンドル仕様と大差ない。
トライアンフ スラクストンの画像
左スイッチボックスには、メーター内の表示切り替えボタンにプッシュキャンセル型ウインカースイッチ、ホーンスイッチ、そして前部にハイビームスイッチが備わる。右側には上部にセルスターター、下部にハザードスイッチ、そして中央にエンジンモード切り替え用スイッチが。
トライアンフ スラクストンの画像
ラウンドデザインのスピード&タコメーターとイグニッションがコックピット前に。クラシックテイストはそのままに、デジタル表示機能は必要にして最小限のものが組み込まれている。
トライアンフ スラクストンの画像
燃料ゲージの上には、現燃料での走行可能距離が表示され、カウントダウンされていく方式。その燃料ゲージ下には、左から「RAIN」「ROAD」「SPORTS」の3つのエンジンモードが表示され、右側スイッチで切り替え、長押しで決定というシステムが備わっている。
トライアンフ スラクストンの画像
空冷スラクストン時代はオプション扱いだったバーエンドミラーが標準装備。視認性は悪くないが、かなり外に突き出ているので狭いところを走るときはご注意を。
トライアンフ スラクストンの画像
クラシックカフェレーサーのスタイルからインスパイアされた専用のフューエルタンク。ビンテージエンブレムとカラーリング、そしてレーシーなラインが気分を盛り上げてくれる。
トライアンフ スラクストンの画像
フューエルキャップはモンツァ型と、カフェレーサーモデルならではの心憎い演出も。質感の高さはもちろん、古くからのモーターファンには嬉しいディテールだ。
トライアンフ スラクストンの画像
レーシーなスタイルが印象的なブリットスタイル・シングルシート。柔らかすぎず、程よい反発力が備わっているので、ライディング時にしっかり腰を落ち着かせてくれる。
トライアンフ スラクストンの画像
前後フェンダーとも、ストリートツインやボンネビルT120とは異なるショートタイプとなっている。リアには現代風にアレンジされたルーカス型テールランプが。
トライアンフ スラクストンの画像
カフェレーサーには欠かせないフォークブーツも標準装備。フロントの印象を一層クラシカルにしてくれる。
トライアンフ スラクストンの画像
前後とも17インチ仕様のスポークホイールが採用された新型スラクストン。フロントブレーキシステムは310mm径のダブルディスクとされる。
トライアンフ スラクストンの画像
ツーリングバイク向けながら、そのグレードはハイエンドと高評価を受けるピレリ製ラジアルタイヤ「エンジェルGT」が標準装備。スポーツライドでも高い性能を発揮する。
トライアンフ スラクストンの画像
専用のバックステップは、ポジションが思っている以上にニュートラルで優しい。長距離走行でも足が疲れることはない。
トライアンフ スラクストンの画像
バーチカルツインエンジンのカフェレーサーにふさわしい左右2本出しのステンレス製メガホンマフラー。シンプルながら、カフェスタイルを強調する貴重な部位だ。
トライアンフ スラクストンの画像
トラベルが120mmのプリロード調節式ツインショック。R仕様のオーリンズ製サスペンションもあるので、好みで取り替えるのも楽しい。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す