VIRGIN TRIUMPH | トライアンフ デイトナ675R 購入ガイド

トライアンフ デイトナ675R

  • 掲載日/2014年06月11日
  • 文/杉山 研二
トライアンフ デイトナ675Rの画像

TRIUMPH DAYTONA675R

最新技術の投入で速さとハンドリングを向上
サーキットに狙いを定めた3気筒スーパースポーツ

デイトナ675Rは、3気筒エンジンを搭載するミドルクラスのスーパースポーツです。標準モデルのデイトナ675にオーリンズのサスペンションやブレンボのブレーキキャリパーなどを装備し、サーキット走行狙いのハイグレード版としてラインナップされました。フルモデルチェンジを経て2014年3月に日本市場向けにデリバリーが開始され、トライアンフがこれまでサーキットやロードレースで得てきた経験を活かし、最新の技術とアイデアを盛り込み、より速く、ハンドリングの磨かれた、乗りやすいバイクに仕上げました。車両価格は消費税8%込みで158万5,000円です。

エンジンは現代のトライアンフを象徴する並列3気筒で、最高出力は94kW、最大トルクは75Nmです。レースのレギュレーションを意識した675ccの排気量こそ従来型と同じですが、サーキットでの使用を前提にストロークを短縮してボアを拡大、より使いやすいパワー特性に仕上げました。シリンダーブロックはクランクケース上部と別体鋳造として耐圧性能を向上。インジェクターは1シリンダー当たり2本とし、フルスロットル時でも的確に燃料を噴射できるようにしています。またトライアンフの量産車向けエンジンとしては初めてチタン製バルブを採用。それにともないバルブヘッドの形状を変更して燃焼室内の燃料の流れを改善、低中速でのトルクアップを図っています。

車体周りもフレームやスイングアームをはじめ、多くのパーツが新設計です。フロントフォークとリアショックは高性能で調整範囲も広いオーリンズ製を採用。ジオメトリ-はキャスターを従来より1度立て、ホイールベースを20mm短縮、またスイングアームピボット位置も調整し、コーナリング性能に磨きをかけています。そのほか、フロントに装着したモノブロックのブレンボブレーキキャリパー、ブレーキングドリフトも可能なトラックモード付きのABS、スリップアシスト機構付きのクラッチ、素早いシフトチェンジが可能なクイックシフターなど、魅力的な装備の数々を盛り込んでいます。

トライアンフ デイトナ675R のここがポイント!
  • ● 全域でパワーアップした新しい3気筒エンジン
  • ● 軽量化と質量の集中化でコントローラブルになった車体
  • ● 鋭いハンドリングを生み出すオーリンズ製サスペンション

トライアンフ デイトナ675R のライバルはこれだ!

  • MVアグスタ F3

    MVアグスタ
    F3

    F4の流れを汲むデザインに、675ccの3気筒を搭載。一般的なバイクとは逆に回転するエンジンで、スロットルワーク時のピッチングモーションを抑制。

  • ホンダ CBR600RR

    ホンダ
    CBR600RR

    レースでデイトナ675Rと同じクラスになる、排気量600ccの4気筒エンジンを搭載したスーパースポーツ。国内向けモデルの最高出力は57kWに抑えられている。

  • トライアンフ ストリートトリプル85

    トライアンフ
    ストリートトリプル85

    デイトナ675をベースにバーハンドル化やエンジン特性の変更などを行ったネイキッド。日本仕様は規制をクリアするため出力を63kW(85ps)に抑えている。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す