VIRGIN TRIUMPH | スピードトリプルR 長期インプレ vol.02【街乗り走行チェック編】 トピックス

スピードトリプルR 長期インプレ vol.02【街乗り走行チェック編】

3気筒の魅力そのままに洗練された乗り味

スピードトリプルRの画像

スピードトリプルRの画像

4年ぶりにフルモデルチェンジを受けたスピードトリプルRで街に乗り出してみた。エンジンをかけると、排気音は先代よりややマイルドになった感じ。純正オプションのARROW製サイレンサーが付いているので単純比較はできないが、音質そのものが先代のややザラついた感じから、よりクリアな響きになった。先代のワイルドな唸り声も好きだが、新型はまさに「洗練」という言葉が当てはまる。それでいて、イングランドの空のようにやや湿り気を含んだサウンドや、Vツインよりスムーズで直4よりもコブシの効いた鼓動感など、トライアンフ製3気筒独特のフィーリングは新型でも健在である。

スピードトリプルRの画像

音は大事だ。排気音だけではない。エンジン形式が生み出す固有の振動やメカノイズ、エアボックスに響く吸気音なども含めて、サウンドは乗り味の大きな部分を占めていると思う。そして、スピードトリプルRの音はとても気持ちいい。街をゆったりと流していても、それを全身で味わうことができるのだ。

スピードトリプルRの画像

エンジンもよりスムーズになった。エンジン本体の大幅な改良とライド・バイ・ワイヤーの導入によって、パワーデリバリーが調教されている。先代のゴリゴリとした中速域でのトルク感も捨てがたいが、新型は全域でよりフラットで穏やかな特性になっている。ストップ&ゴーの多い街中でも結果的に疲れにくいということだ。

スピードトリプルRの画像

信号待ちからの発進でもクラッチが軽くつなぎやすいし、極低速での粘りも実用レベル。国産の直4のようにはイージーではないが、アイドリング状態での発進も普通にできる。ハンドル切れ角にも充分余裕があるので、エンジン特性と合わせてUターンもそれほど苦にならない。とにかく車体が軽いのがいい。渋滞やUターンでバランスを崩して、よろっ、としても、足を着けばなんとか支えられる。重量級ネイキッドではこうはいかないだろう。

スピードトリプルRの画像

その点では、オプションの「ローライドシート」はさらにおすすめだ。たった20mmだがSTDより低くなる(825mm→805mm)ため、いざというとき心強い。個人的にも街乗りメインで使うなら、ローライドシートを選ぶだろう。ライディングポジション的にも同様だ。ローシートのほうが若干だが上体の前傾が緩くなるので、腕や腰への負担が少なくなる。ネイキッドとしては元々ややハンドル位置が低めに設定されているため、ちょっとしたことだが意外と効果大だと思う。

街乗りでも分かる足回りのグレード感

スピードトリプルRの画像

しばらく乗るうちにバックミラーがよく見えることに気づいた。新型で採用されたバーエンドミラーは外側に張り出している分、後方視界が抜群にいい。ミラーの片隅に自分の肩などが入らないためクリアな視界が得られて気持ちいい。ステーの剛性感もしっかりしていて振動の影響も受けにくいようだ。

スピードトリプルRの画像

乗り心地もいい。トライアンフの中ではかなり先鋭的なスポーツモデルのはずだが、「ガチガチのフレームに硬い足回り」といったネガなイメージはまったくなく、乗り味はしっとりとして落ち着いている。「R」ならではの装備として、オーリンズ製前後サスペンションが付いているのが大きいと思う。

スピードトリプルRの画像

STDモデルの位置づけとなる「S」と直接乗り比べたわけではないので何とも言い難いが、経験上、他のモデルラインで同じような仕様を比べた場合もほぼ100%その違いを感じられるものだ。路面のギャップに対しても、少ない動きの中でスムーズに衝撃を吸収してくれるので、マシンの挙動が安定している。グレード感のある乗り心地とはこのことだ。ちなみにサスセッティングは標準のままで乗ったが、街乗りでもそのままで十分快適だった。

スピードトリプルRの画像

ゆったり流したいなら「レイン」がおすすめ

スピードトリプルRの画像

新型にはシリーズ初となるライド・バイ・ワイヤが導入されている。これは出力のコントロールを従来のスロットルケーブルで行うのではなく、一旦、アクセル開度を電気信号に変えてECUに送り、その時々の状況に応じて最適なスロットルバルブの調整を行うものだ。つまり、バタフライの開閉をコンピュータが行っているわけだ。

ライド・バイ・ワイヤのおかげで、「ライディングモード」による出力特性の変化が可能になり、また、このシステムと連動する「トラクションコントロール」や「ABS」が最適なタイミングで介入することで、乗り手の技量や路面状況などに応じて安全かつ最大効率でそのパフォーマンスを引き出すことができるようになっている。

スピードトリプルRの画像

試しに市街地でも「ライディングモード」を切り替えてみた。まず、エンジンのレスポンスは明らかに異なり、「レイン」<「ロード」<「スポーツ」<「トラック(サーキット)」の順でスロットルに対する反応が鋭く、そのまま開けていくと中速トルクの盛り上がりが急峻になっていくことも確認できた。

トラクションコントロールやABSに関しては、正直なところ街乗りレベルでその違いをテストする走りはできないが、少なくとも「レイン」モードではABSがすぐに作動することは確認できた。「レイン」は出力特性も最も穏やかで、たとえ粗雑にスロットルを開けたとしても、じわっと平和にパワーが出てくるので、何も考えずにストリートを楽に流したいのであれば晴天でも「レイン」がおすすめかも。

というわけで、「R」本来のスポーツ性能については、次回じっくりレポートしようと思う。

スピードトリプルRの画像

試乗ライダー プロフィール
佐川 健太郎
モーターサイクルジャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。公道で役立つ実践テクニックからサーキット走行まで造詣が深く、白バイ関連の記事や映像も数多く手掛けるなど白バイテクについても精通。本サイトでもライディングテクニック講座【スマテクで乗りこなそう!】で講師を担当。『ライディングアカデミー東京』校長。MFJ公認インストラクター。
フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す