VIRGIN TRIUMPH | アメリカ(2001) 現行モデルカタログ

アメリカ(2001)

アメリカ(2001)の画像

AMERICA(2001)

トライアンフツインの味わいが堪能できる
バーチカルツインミドルクルーザー

2001年にデビューした『アメリカ』は、北米市場での成功を念頭に置いて開発されたミドルクルーザーだ。エンジンとフレームの基本はボンネビルをベースとするものの、前後の車高を下げたうえでホイールベースを大幅に延長し、さらに専用設計のフロント18インチ、リア15インチホイールや、外装部品などを導入したこのモデルには、クルーザーならではの大らかな雰囲気と乗り味が備わっていた。

車体の他にアメリカで注目すべき要素は、エンジン内のクランクシャフトの位相角が、ボンネビルの360度とは異なる270度に設定されたことだろう。鼓動感とトラクションを追求して開発されたこの270度クランクは、後にスクランブラーにも投入され、2009年に登場する1,600ccバーチカルツインのサンダーバードも同じ位相角のクランクを採用。言ってみればアメリカの開発を通して、トライアンフはバーチカルツインの新たな可能性を発掘したのだ。

当初はスポークだったアメリカの前後ホイールがキャストに変更されたのは2007年からで、2008年には他の空冷バーチカルツイン車と同様、エンジンの排気量790ccから865cc化を敢行。さらに2011年からは、兄弟車である『スピードマスター』との差異を明確にするべく、前輪が18インチから16インチ化が行われている。なお近年は日本市場への輸入が途絶えていたアメリカだが、2013年にレギュラーモデルに復帰してからは、安定した人気を維持しているようだ。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
価格(消費税込み)
108万6,000円
エンジン型式
空冷並列2気筒 DOHC 8バルブ
総排気量
790cc
ボア×ストローク
86×68mm
最高出力
60ps/7,400rpm
最大トルク
6.1kg-m/3,500rpm
燃料供給
キャブレター
駆動方式
チェーン式
トランスミッション
5速
オイル容量
4.5リットル
燃料タンク容量
16.6リットル
サイズ
全長2,424×全幅955×全高1,184mm
ホイールベース
1,655mm
シート高
720mm
車両重量
226kg(乾燥)
フロントタイヤサイズ
100/80-18
リアタイヤサイズ
170/80R15
フロントブレーキ
油圧式シングルディスク
リアブレーキ
油圧式シングルディスク

カラーバリエーション

アメリカの画像
カスピアンブルー/シルバー(2003)
アメリカの画像
マルベリーレッド/グラファイト(2005)
アメリカの画像
グッドウッドグリーン/シルバー(2005)
アメリカの画像
ジェットブラック(2005)
アメリカの画像
シルバー(2006)
アメリカの画像
ファントムブラック/サンセットレッド(2007)
アメリカの画像
ファントムブラック/トルネードレッド(2007)
アメリカの画像
パシフィックブルー/ニューイングランドホワイト(2007)
アメリカの画像
ファントムブラック(2007)
アメリカの画像
パシフィックブルー/エーゲンブルー(ゴールドコーチライン) (2008) ※燃料供給=フューエルインジェクション
アメリカの画像
ブルー/クリスタルホワイト(2011)
アメリカの画像
ファントムブラック(2011)
アメリカの画像
シンダーレッド/モレーロレッド(2014)

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す