VIRGIN TRIUMPH | トライアンフ ロケットIIIクラシック 購入ガイド

トライアンフ ロケットIIIクラシック

トライアンフ ロケットIIIクラシックの画像

TRIUMPH ROCKET III CLASSIC

このモデル どんなモデル?

モデル概要

2005年に日本での販売が始まった『ロケットIII』に遅れること1年、2006年に追加されたロングツーリング向けのモデルが『ロケットIIIクラシック』です。プルバックハンドルやフットボードなどの一般的なクルーザースタイルに加え、ツートーンカラーによって高級感も備えていました。

オススメポイント

スタンダードモデルのロケットIIIに比べてハンドルが高く&手前で、フットボードは足を置く場所の自由度があるため、小柄な体格のライダーでも快適に楽しめます。また、幅広で肉厚なタンデムシートが採用されており、2人乗りにも不満がありません。

ココに注意

もともと車体が重く、ツーリング用の快適装備(スクリーンやパニアケース)を追加すると、さらに重くなってしまいます。走ってしまえば軽く扱いやすいロケットIIIクラシックではありますが、取り回しには注意したほうが良いでしょう。

トライアンフディーラーより

排気量のインパクトと車体の大きさに圧倒されるロケットIIIシリーズですが、じつは重心が低くてクラッチも軽いので、楽しく走れるモデルなのです。排気量2,294ccの重厚なエンジンサウンドが心にズドンと響き、その虜になってしまうこと間違いなし。

プロフィール
JR相模原駅の近く、国道16号線沿いにあるトライアンフ正規販売店。2005年からは、グローバル基準のストアデザインで作られた『トライアンフワールド店』の日本第1号店として、多くのトライアンフファンに親しまれている。
トライアンフ ロケットIIIの画像
トライアンフのクルーザーは、その走りの良さが特徴。ロングツーリング向けのロケットIIIクラシックも、見かけによらずバンク角があり、走り出してしまえば軽く扱いやすいので、日本のワインディングロードを気軽に走れます。

関連する記事

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す