VIRGIN TRIUMPH | ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表! トピックス

ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!

ドイツ最大級のスピードの祭典「Glemseck101(グレムセック)」 レポートの画像

「ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト」に入賞を果たした5台のカスタムマシンが展示されたトライアンフのブース。

ヨコハマホットロッドカスタムショー2017で決定された
ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテストのウィナー

トライアンフモーターサイクルズジャパン主催の「ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト」のウィナーが、去る12月3日(日)にパシフィコ横浜で開催された第26回ヨコハマホットロッドカスタムショー2017で決定された。

このコンテストは全国のトライアンフ正規販売店を対象に、ボンネビルボバーのオリジナルペイント&カスタムを競うもので、2017年10月1日(日)~11月12日(日)までの間にツイッターで投稿された写真をもとに上位5台が選考され、ホットロッドカスタムショーのトライアンフブースに展示された。その5台の車両をイベント来場者のみなさんに投票形式で選考していただき、そのウィナーが決定されたというわけだ。尚、会場では早速 「この仕様を購入したい」という来場者が現れていたが、製作した販売店に連絡すれば 相談に乗ってくれるとのことなので、まずは問い合わせしていただきたい。

今回のレポートでは、ホットロッドカスタムショーのトライアンフブースに出展された5台のカスタム車両と、その優勝車両、さらに会場に展示されたトライアンフカスタムをピックアップして紹介しよう。

ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!の画像
カスタムコンテストへの投票は、トライアンフガールが持つ投票パネルにイベント来場者がシールを貼っていくという形式で行われた。
ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!の画像
それでは早速、優勝マシンを発表しよう。見事来場者に選ばれたウィナーは、トライアンフ東京が製作した「Bobber Zenith」だ! ハンドルクランプ、エンジンカバー、シフト&ブレーキペダル、サイドスタンドまでグロスブラックに仕上げ、ハンドルやインジェクションカバーはマットブラックでメリハリを演出。
ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!の画像
フューエルタンクは、ベージュ系ホワイトのベースにメタルテイストのブラウンを組み合わせ、手書きのフライングウィール&ピンストライプを配し、アクセントとしてる。優勝おめでとうございます!
ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!の画像
ここからはカスタムコンテスト入賞車両を紹介しよう。まずはトライアンフ横浜港北が手掛けた「Yokohama Surfside」。ハイライザーバーにレーサーテイストのシートカウルを併せたワイルドな一台。
ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!の画像
フューエルタンクはもちろん、シートカウル、サイドカバーに至るまで木目調のカスタムペイントが施されている。サイドカバーには波をデザインしたペイントが描かれサーフスタイルを主張している。
ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!の画像
お次はトライアンフ埼玉南が製作した「ZERO」。ベースモデルが持つ、1930年代のボバースタイルを加速させるフォークラインがポイントとなるコチラのマシン。前後フェンダーをショート化し、軽快なスタイルに仕上げられている。
ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!の画像
フューエルタンクにはヘアライン仕上げのベースにキャンディーレッドのフォークラインが描かれている。さらにホワイトのピンストライプを加えシャープな印象にフィニッシュ!
ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!の画像
こちらはトライアンフ相模原が製作したカフェレーサー。リアフェンダーを取払い、これ以上ないというほどシンプルに仕上げられたボバーとカフェレーサーの融合である。
ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!の画像
グリーンのベースにメタル地のグラインダータトゥーをタンクサイドと上面に配し、フューエルタンクの形状を際立たせている。キャンディーグリーンで描かれたTRIUMPHロゴもポイントだ。
ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!の画像
ラストはトライアンフ京都が手掛けた「50’s VINTAGE CONCEPT」を紹介。トライアンフ純正のフロントショートフェンダーやセパレートハンドル、ステートメントシートにリアフェンダーカットなどの加工を施し、スピード感溢れるマシンに!
ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!の画像
フューエルタンクにはオリジナルのレザータンクベルトを装置し、エイジング加工が施されたマットブラックのペイントで1950年代のカスタムボバーを再現している。
ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!の画像
さらにトライアンフブースではライブペイントのパフォーマンスも披露された。
ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!の画像
そしてイベント開催中に仕上げられたのが、こちらのペイントだ。映画「大脱走」でトライアンフのパフォーマンスを世に知らしめたスティーブ・マックイーン!
ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!の画像
ここからは、会場に展示されたトライアンフカスタムをピックアップ。まずは今期のBEST OF SHOW MOTORCYCLEを獲得した平和モーターサイクルのTRIUMPH TR6。圧倒的な作り込みで昨年に引き続いての二連覇を達成!
ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!の画像
マンクスマンガレージが製作したトライアンフチョッパー。エイプハンガーにボルトオンハードテイルを装着したオールドスタイルチョッパーだ。
ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!の画像
1970年式TRACKMASTER T120Rと1972年式T120Rという2台のマシンを展示したリバタリアのブース。まるでガレージのようなブースの作り込みも見逃せない。
ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!の画像
ARROGANT LUNGEの1951TRIUMPHサンダーバードチョッパー。DAMIN LUJAN’S PICK&ANDY CARTER’S PICKをダブル受賞。
ボンネビルボバー オリジナルペイント・カスタムコンテスト結果発表!の画像
大阪のアパレルショップ「THE WORLD」主宰、松谷さんの愛機、1971年式T120RVチョッパー。わずか2年間のみ製作された5速トランスミッションが組み込まれた排気量650ccのバーチカルツインを搭載している。

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す