VIRGIN TRIUMPH | タイガーエクスプローラーXCx 長期インプレ vol.02【サーキット走行チェック編】 トピックス

タイガーエクスプローラーXCx 長期インプレ vol.02【サーキット走行チェック編】

3気筒シャフト駆動型ビッグオフという
独創的な新型タイガーエクスプローラー

タイガーエクスプローラーXCxの画像

新型タイガーエクスプローラーXCx試乗レポートの第2弾では、いよいよ高速道路を使ってワインディングへ。パワフルかつ、3気筒ならではの高回転の伸びと荒々しいサウンドを存分にチェックという予定だったが、富士スピードウエイで走るチャンスができたので、まずはサーキットでのインプレから。と言いつつも残念ながら土砂降りの雨で前方視界が悪いため最高速度は180km/hまで、10周に満たない周回だったが、そこでも感心することが多々あった。

まずは電動スクリーンのありがたさ。もっとも低いローと、もっとも高いハイの2箇所のみチェックしたが、ハイの状態で優れた雨避け効果と高い防風性が確認できた。ヘルメットに当たる風と雨の強さがまるっきり異なる。これならスクリーンのサイズがひと回り大きい「ツーリングスクリーン」をセットするトップグレードのXCAではさらに期待できる。オプション設定なので他のグレードでも取り換え可能だ。

タイガーエクスプローラーXCxの画像

スクリーンを高くするとハンドリングは穏やか。低くするとシャープになる点が興味深い。これだけの重量級ビッグオフでもペースを上げるほどわかるのは、もともとカチッとしつつシャープなバンキングを得意とするタイガーならではのもの。晴天・曇天でのテストでは高温多湿、蒸し暑い環境の場合、スクリーンをロー位置にすれば首回りがとても気持ちよかった。朝・昼・夜など走る時間や速度や目的によってスクリーンの高さを電動で瞬時に変更できる新型タイガーエクスプローラーは、数あるビッグオフで唯一の存在。電動スクリーンは侮れない重要装備のひとつだと実感した。

新型は高い運動性をそのままに電子制御サス導入によりさらに上質な乗り心地と骨太な接地感を得ている。バンク中のフル加速、バンク中のハードブレーキ、クイックなバンキングなど土砂降りでも、直線の全開以外はいつも通りのサーキット走行としてみたが、まったく不安にならなかったのは慣性測定ユニット、IMUのお陰だ。ハイテクに依存する走り方は考えものだが、集中力が低下した時のワンミスを防いでくれる安心感はまさに絶大。

タイガーエクスプローラーXCxの画像

ちなみにレイン、オフロード、スポーツの3モードはスポーツを設定。トライアンフセミアクティブサスはもっともソフトの設定でも不安をまったく感じることがなかった。単純にソフトが柔らかいだけではなく、ハイスピードでの車体の振れを一瞬で抑えるという意味でアナログ式では不可能な世界を誰にもわかりやすく味合わせてくれる。

美点としてどうしても加えたいのがブレーキ。土砂降りの雨でも入力からの効きはじめ、そして握り込んだ時のブレンボ製キャリパーが生み出すリニアな制動力および強力な効きはさすがというほかない。ABSが発生しても車体の前後方向のフレもなく、平常心のままコーナリングに入って行ける。まさにスポーツバイクと同じ楽しさ。ビッグオフだからサーキットは我慢、というハンデはない。

タイガーエクスプローラーXCxの画像

晴天時のワインディングテスト以外に曇天のワインディングもテストをした。路面はウェット路面だったが、改めて新型タイガーEXPのパワーデリバリーのスムーズさ、シフトアップ&ダウンのつながりやすさ、フルブレーキングしながらの自在なコーナリングなどなど、 ちょっと荒れた路面での前後サスの追従性も含めて確実にブラッシュアップしてきたことを痛感した。特にタンデムだから、あるいは荷物満載などというモードの選択はなく、すべてをインクルードした先進的な電子制御サスになっている。

XC系はチューブレスタイヤ装備のスポークホイール仕様だが、重量的にはキャストホイールのXR系よりもやや重いのだが、乗り心地の良さは明らかにXC系。磨く手間を考えればXR系。それぞれに美点があるため悩ましい。あとは好みか。

タイガーエクスプローラーXCxの画像

市街地でのゴーストップでとても軽く操作ができるパワーアシストクラッチは、ワインディングで俊敏なシフトワークと連動させるクラッチワークの相棒としても素晴らしく機能してくれた。従来のクラッチでは時間が経過するほどに手の負担が大きくなり、ラフなクラッチ操作になりかねないのだが、新型はまるで250cc級のバイクを扱うようなクラッチの軽さで,より繊細なクラッチミートが可能。これが安全で楽しい走りに欠かせない重要なポイント。

新型タイガーEXPは、ビッグオフというジャンルよりもまず、何よりもバイクとしての走る・曲がる・止まる、という実に地味で、実に重要な「操る基本力」が充実した。まさにハイテク満載だが、ハイテクを微塵も感じさせない非常にナチュラルな作り込みは英国のモーターサイクル文化を深く受け継ぐトライアンフの底力ではないかと思えてならない。主役はあくまでライダーであると。

タイガーエクスプローラーXCxの画像

次回はワインディング編&総論。最終回をお送りします。

タイガーエクスプローラーXCxの走行性能&ディテールをチェック

タイガーエクスプローラーXCxの画像
2回目の走行で雨がいっそう激しく降ってきた富士SWだが、スロットル、ブレーキ、コーナリングどれも不安なくコントロールできた。エンジンは旧型以上にスロットルにリニアな反応をみせる。高回転の伸びにも磨きがかかっている。ラフなスロットルとブレーキ操作では大きなミスを誘発しやすいが、最先端のショックのないABSとトラクションコントロールの存在は非常に大きい。
タイガーエクスプローラーXCxの画像
暑い時はスクリーンを最下部にセット。雨や寒い時期には最上部にセット。スポーツ走行では最下部へ。クラス唯一の電動スクリーンはいつでもどこでも瞬時に好みの位置が選べるため実に効果的だ。重量級のはずだが、走り出すと旧型よりも明らかに軽く感じる作り込み。特に高速走行では優れた防風性だけではなく、クルーズコントロール機能を使うと快適な走行が楽しめる。実はクルーズコントロールを使うと眠くなると予想していたが、逆に右手が疲れず非常に快適になった。また、無意識にアクセルを開けたり絞めたりがなくなるため、個人的には以前よりも飛ばさなくなったことと燃費走行をより意識するようになった。クルーズコントロールのオンからオフになったときのショックも明らかに低減した。
タイガーエクスプローラーXCxの画像
WP製倒立型フロントフォークには305ミリのディスク2枚とブレンボ製モノブロック4ピストンキャリパーをセット。その効きとタッチは多少のABSショックを感じた旧型とは別次元。ショックレスで確実に止まる秀逸なブレーキ。電子制御サスと優れたABS、トラクションコントロールシステムの高度化による運動性能向上分をカバーしてあまりあるポテンシャルを発揮する。
タイガーエクスプローラーXCxの画像
パワーの激しいオン・オフでも車体が上下しないシャフト駆動らしからぬ駆動系は、旧型よりもメカノイズが低減。リヤショックの後方は泥よけのためのミニ・インナーフェンダーがセットされた。前後のブレーキパッドの摩耗状態チェックも旧型よりもやりやすくなった。よりパワフルに、より強い減速やコーナリングパフォーマンス確保のためにタイヤは前後ともワンサイズアップした。
タイガーエクスプローラーXCxの画像
重量級なのにタイトなコーナリングは意外に得意。特別な旋回性を持つわけではないが、あらゆる速度域で安心の操縦性を発揮。車体の倒し込みから舵の付き方、バンクの安定性など、どれをとっても模範的で自然。癖らしい癖がなく、ビッグバイク初心者でもこの率直なハンドリングならすぐに馴染めるはず。コーナリングに際しての前輪で減速、前後輪でコーナリング、コーナー立ち上がりで後輪へ、という荷重の流れをライダーが作りやすい基本に忠実なまとめ方。また、雨などの悪条件になるほど、接地感と連動して安心感が増す。
試乗ライダー プロフィール
柏 秀樹
タイガー955iで15万キロメートル走って、初期型エクスプローラーで7万キロメートル走ってきたタイガー好きなジャーナリスト。パリダカ4回参戦などビッグオフの経験も取り込んだライディングスクールKRSを精力的に各地で開催している。

「タイガーエクスプローラーXCx 長期インプレ」の連載を読む

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す