VIRGIN TRIUMPH | タイガーエクスプローラーXCx 長期インプレ vol.01【スタイリング&ディテール・取り回しチェック編】 トピックス

タイガーエクスプローラーXCx 長期インプレ vol.01【スタイリング&ディテール・取り回しチェック編】

3気筒シャフト駆動型ビッグオフという
独創的な新型タイガーエクスプローラー

タイガーエクスプローラーXCxの画像

直立2気筒と3気筒という2系統のエンジン構成でロードスポーツ、クルーザー、ビッグオフなど、それぞれのジャンルで強い個性をアピールし続けているトライアンフモーターサイクル。そんなトライアンフで実質的にフラッグシップモデルに位置する新型タイガーエクスプローラー(以下、タイガーEXP)のレビューをお届けしよう。

タイガーEXPは2012年に初代モデルが発表されてライバル車にはない3気筒シャフト駆動型ビッグオフという独創的構成で固有のファンを生んできた。新型になって人気に拍車がかかっているという。日本導入グレードはXR、XRx、XCx、XCAの4種類。XR系はキャストホイールを、XC系はチューブレスタイヤ装備のスポークホイールを装備。今回のテスト車はXCx。最上級のXCAは前後シートヒーター、LEDフォグ灯など装備が充実。

タイガーエクスプローラーXCxの画像

エンジンは水冷DOHC直列3気筒1,215ccの基本形をリファインしてシャフト駆動のビッグオフとしては139PSの堂々とした数値を叩き出す。出力アップと燃費5%改善を果たしながらユーロ4の新排気ガス規制をクリア。クラッチはパワーアシスト式へ変更。前後サスはWP製電子制御式を装備。

タイガーエクスプローラーXCxの画像

ホイール径は前後輪19/17インチのままだがライバル他車と同じ前輪タイヤ120、後輪170へと幅をアップ。ブレーキはフロントにラジアルマウントのブレンボ製モノブロックキャリパーをセット。

タイガーエクスプローラーXCxの画像

大柄な外観だがニーグリップ部が比較的スリムなため837と857ミリの2段階シート設定の低い方では足着き性は悪くない。ステアリングへッド部を中心に重心は高く、取りまわしは重い。このジャンルで初採用の電動スクリーンは、ワインディングや夏は低め、秋冬や雨は高めなど自由に選べるためとても便利だ。

エンジンを始動すると初期型と比較してエンジンヘッド回りから駆動系まで大幅にノイズリダクションして市街地のゴーストップも快適。低回転域からトルクがあり、4気筒車のような粘りで気軽に発進ができ、格段に軽くなったクラッチのために市街地のゴーストップでストレスは少ない。

タイガーエクスプローラーXCxの画像

それまでのタイガーEXPではサスが馴染むのに相応の走り込みが不可欠だったが、新型の電子制御は細かな設定ができ、ずっと前から乗り続けてきたようなしっくりとくる上質な乗り心地が楽しめる。

フロントブレーキはタッチも効力も絶妙。ABSが入るような急減速でも余裕で完全停止する。マンホールのフタなどで後輪が滑りそうでもトラクションコントロールが瞬時にサポートしてくれるので雨でも安心。数値的に重いはずの車体だが、マン・マシンの一体感と3気筒テイストはニュータイガーEXPでしか味わえない独自の世界だ。

次回は高速とワインディング前編をお送りしよう。

タイガーエクスプローラーXCxのディテールをチェック

タイガーエクスプローラーXCxの画像
フレーム、エンジン形状、タンク、片持ちスイングアームなど主要構成部はそのままなので全体のイメージは大きく変わっていないが、ヘッドライト下のフロントフェンダー、タンクシュラウド形状で伸びやかなフォルムとしながら空力特性を改善。新規則によりサイドリフレクターをフロントアクスル部に標準装備。
タイガーエクスプローラーXCxの画像
エンジンの排熱をできるだけ外へ流れるようにシュラウド後部の形状を変更。メインフレーム、エンジンガード、ベリーパン(アンダーガード)、シャフト駆動部の形状などの変更はなし。サイドスタンドや、シュラウドステーのシルバーなど細部のパーツを黒色で統一することで、より精悍さをアップ。
タイガーエクスプローラーXCxの画像
パッと見た感じでは旧型と大きく変わらない。タイヤサイズがアップしたことのほか、タンク前部を大きくカバーしているシュラウド部分、スクリーン形状、ナックルガード形状などが変わっている。ヘッドライトは通常のハロゲン。LEDのような白さはないが、雪がちらつく天候、霧が多い状況などさまざまな走行シーンではあらゆる色に反応する色温度を持つ従来からのヘッドライトにアドバンテージがある。まさしく全天候型ヘッドライト。フロントフォークのアウターは従来のゴールドからWP製のブラックへ。
タイガーエクスプローラーXCxの画像
リアビューも従来からのLEDテールレンズのままで基本的には大きく変わった印象はない。ウインカーは新たにLED化によるコンパクト化ですっきり。タイヤのサイズアップによってチカラ強いイメージになったことが特徴。タイヤは雨などスリッピーな時などあらゆる路面で安心のメッツラー・ツアランスを装備。乗り心地、走行ノイズ、耐久性はもちろん優れている上に、ワインディングでも非常にバランスの良いハンドリングを発揮する。
タイガーエクスプローラーXCxの画像
旧型と大きく異なるのが計器類。メーターのセンターはエンジン回転をわかりやすく針の動きで知らせるアナログ式タコメーターのほかにニュートラル、インジェクションのチェックランプなどを表示。右に速度計を中心に水温計、燃料計、外気温、時計、ギア位置などを知らせる。左は電動式スクリーン、トリップ&オドメーター、平均燃費、走行可能距離、コンフォート、標準、スポーツから自由に選べる前後サスの選択モード、そしてXCxではレイン、ロード、スポーツのライディングモードが選択できる。
タイガーエクスプローラーXCxの画像
スイッチ類電子制御サスの導入などの理由でレイアウトを大幅変更。右スイッチはキルスイッチ、セルスターターボタン、クルーズコントロールボタンとハザードランプスイッチ。ハザードランプスイッチはメーターパネル側に設置されていたが、今回の右手親指動作による入力は大歓迎。
タイガーエクスプローラーXCxの画像
左側はパッシングライトスイッチ兼用のハイビーム、ロービーム切り替えスイッチ、ウインカーにホーンボタンは定番位置にセット。インフォメーションボタン、モードボタン、内側はフォグランプボタンにグリップヒーターボタンという配置。旧型よりもわかりやすく機能的設定となっている。
タイガーエクスプローラーXCxの画像
ゴーストップが多い市街地でのタイガーはさすがに軽やかな走りとはいかない。発進時と停止時の絶妙のバランス感覚があれば疲れずに、スムーズなタウンライドができるものの、基礎テクが不十分だと、もっと軽量スリムコンパクトなロードスポーツよりもストレスは大きいかもしれない。しかし、アップライトポジションと扱いやすいエンジン特性、意のままにきっちり止まれるブレーキなど、車体の大きさになれると思いのほかキビキビ走ってくれて、実は慣れるほどにどんどん軽くなる感じで、退屈なはずの市街地でさえ楽しくなって行く。交差点などのターンでバランスがとりやすい。これは車体設定とエンジン特性が貢献してる。クラッチレバーの軽さと軽い操作で十分に減速してくれる前後連動式ブレーキとイザという時のフロントブレーキの効きとタッチは秀逸。
試乗ライダー プロフィール
柏 秀樹
タイガー955iで15万キロメートル走って、初期型エクスプローラーで7万キロメートル走ってきたタイガー好きなジャーナリスト。パリダカ4回参戦などビッグオフの経験も取り込んだライディングスクールKRSを精力的に各地で開催している。

「タイガーエクスプローラーXCx 長期インプレ」の連載を読む

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す