VIRGIN TRIUMPH | タイガー 1200 XRT (2018-) 現行モデルカタログ

タイガー 1200 XRT (2018-)

タイガー 1200 XRT (2018-)の画像

TIGER 1200 XRT (2018-)

オンロード性能が飛躍的に強化された
ロードアドベンチャーレンジの最上位モデル

2018年に100箇所以上の改良が加えられフルモデルチェンジが行われた新型タイガーシリーズ。タイガー1200XRTはロードアドベンチャーレンジのモデルとしてオンロード性能が強化されている。XRシリーズの最上位モデルであるXRTには、アダプティブコーナリングライト、シフトアシスト、チタンとカーボンファイバーを採用したArrowサイレンサー、5種類のライディングモード、グリップ&シートヒーター、電動調整式のスクリーンなどの最新装備が搭載されている。

フライホイールの軽量化などにより、旧モデルから11kgもの軽量化を実現。新世代タイガー1200XRTのエンジンは9,350回転で141PS、最大トルクは7,600回転で122Nmを発揮。あらゆる状況でコントロール性を高める「Rain」「Road」「Off-Road」「Sport」「Rider Programmable」の5種類のライディングモード、スタイリッシュなアルミブラックキャストホイールを装備。シートは2段階の調整式メカニズムでシート高を855mmから20mm低い835mmに設定可能。

トライアンフセミアクティブサスペンションを搭載したWP製サスペンションにより、車体の挙動を的確に電子制御することができる。フロントには新型BRM10Bブレーキパッド付きの305mm径ダブルフローティングディスクとラジアルマウントされたブレンボ製4ピストンモノブロックキャリパーを装備。リアにはニッシン製2ポジションスライディングキャリパー付きのシングル282mmディスクが取り付けられている。カラーはコロッシレッドとクリスタルホワイトの2カラー、価格は265万3,400円となっている。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
価格(消費税込み)
265万3,400円
エンジン型式
水冷並列3気筒 DOHC 12バルブ
総排気量
1,215cc
ボア×ストローク
85×71.4mm
最高出力
141ps/9,350rpm
最大トルク
122Nm/7,600rpm
燃料供給
ライドバイワイヤ、燃料噴射
駆動方式
シャフトドライブ
トランスミッション
6速
オイル容量
燃料タンク容量
20リットル
サイズ
全長2,230×全幅930×全高1,540mm
ホイールベース
1,520mm
シート高
835~855mm
車両重量
243kg
フロントタイヤサイズ
120/70 R19
リアタイヤサイズ
170/60 R17
フロントブレーキ
305 mm径ダブルフローティングディスク、Brembo製モノブロック4ピストンラジアルマウントキャリパー、切替式ABS
リアブレーキ
282 mm径シングルディスク、Nissin製2ピストンスライディングキャリパー、切替式ABS
フロントサスペンション
WP製48 mm径倒立式フォーク、電子制御式ダンピング調整機能、トラベル量190 mm
リアサスペンション
WP製モノショック、電子制御セミアクティブ式ダンピング調整機能、プリロード自動調整機能、トラベル量193 mm
主要装備
TFT多機能インストルメントパック(デジタルスピードメーター、トリップコンピューター、デジタルタコメーター、ギアポジションインジケーター、燃料計、メンテナンスインジケーター、温度計、時計、ライダーモード5種類 [ROAD/OFF­ROAD/OFF-ROAD PRO/SPORT/RAIN])
排出ガス規制
EURO4

カラーバリエーション

タイガー 1200 XRT (2018-)の画像
タイガー1200XRT クリスタルホワイト(2018) 265万3,400円(消費税8%込み ※2018年3月時点)
タイガー 1200 XRT (2018-)の画像
タイガー1200XRT コロッシレッド(2018) 265万3,400円消費税8%込み ※2018年3月時点)

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。