VIRGIN TRIUMPH | タイガー1050(2007) 年式別モデルカタログ

タイガー1050(2007)

タイガー1050(2007)の画像

TIGER1050(2007)

従来型の美点を維持しながら
全面的な刷新でオンロード性能を強化

1993年に初代モデルが登場して以来、世界で唯一の3気筒デュアルパーパスとして着実な熟成を図ってきた『タイガー』は、2007年型でキャラクターを全面刷新。豊富なサスストロークとアップライトなライディングポジションを維持したまま、オンロード性能を重視したモデルへと進化を遂げている。

このモデルの最大の特徴は、シリーズ初採用となる前後17インチホイール(フロント3.50×17、リア5.50×17)。もちろんタイヤはオンロード用ラジアルで、φ45mm倒立フォークやフロントのラジアルマウント式キャリパー、素材をスチールからアルミに変更すると同時に構造を一新したフレームからも、タイガーの設計思想の転換がうかがえる。

エンジンはスピードトリプルやスプリントSTなどと同系列の1,050ccユニットだが、ギア比の見直しやメカノイズの低減など、細部の熟成を実施。最高出力が105psから115ps、最大トルクが922Nmから100Nmに向上すると同時に、車体の大幅な軽量化が図られた(215kgから198kg)タイガーは、955ccだった先代とは異なる魅力を持つモデルとして、幅広い層からの注目を集めることとなった。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
価格(消費税込み)
133万3,500円
エンジン型式
水冷並列3気筒 DOHC 12バルブ
総排気量
1,050cc
ボア×ストローク
79×71.4mm
最高出力
115ps/9,400rpm
最大トルク
100Nm/6,250rpm
燃料供給
電子制御式燃料噴射
駆動方式
チェーン式
トランスミッション
6速
オイル容量
3.2リットル
燃料タンク容量
21リットル
サイズ
全長2,110×全幅840×全高1,320mm
ホイールベース
1,515mm
シート高
835mm
車両重量
198kg(乾燥)
フロントタイヤサイズ
120/70ZR17
リアタイヤサイズ
180/55ZR17
フロントブレーキ
油圧式ダブルディスク
リアブレーキ
油圧式シングルディスク

カラーバリエーション

タイガー1050の画像
カスピアンブルー(2007)
タイガー1050の画像
フュージョンホワイト(2007)
タイガー1050の画像
ジェットブラック(2007)
タイガー1050の画像
スコーチドイエロー(2007)
タイガー1050の画像
フュージョンホワイト(2008)
タイガー1050の画像
ジェットブラック(2008)
タイガー1050の画像
ブレイジングオレンジ(2008)
タイガー1050の画像
ファントムブラック(2010)
タイガー1050の画像
クリスタルホワイト(2011)
タイガー1050の画像
ファントムブラック(2011)
タイガー1050の画像
タイガー1050SE マットブラック&マットグラファイト(2011)
タイガー1050の画像
タイガー1050SE インテンスオレンジ(2011)
タイガー1050の画像
ブラック(2012)
タイガー1050の画像
タイガー1050SE グラファイト(2012)
タイガー1050の画像
タイガー1050SE ホワイト(2012)
タイガー1050の画像
タイガー1050SE レッド(2012)

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す