VIRGIN TRIUMPH | スラクストン(2005-) 年式別モデルカタログ

スラクストン(2005-)

スラクストン(2005-)の画像

THRUXTON(2005-)

1950~60年代の手法を踏襲して
カフェレーサーならではの味わいを追求

『ボンネビル』をベースに開発された『スラクストン』は、1950~60年代のイギリスで大流行したカフェレーサーの手法を踏襲して生まれたモデル。ルックスはスパルタンに思えるが、この車両は所有する喜びと日常域の楽しさを重視して開発されている。

往年のカフェレーサーがそうだったように、スラクストンはセパレートハンドル/バックステップ/シングルシートを標準装備(シートはカバーを外すとダブルになる。ハンドルは2008年からバータイプに変更された)。ハイリフトカムや大径ピストン、メガホンマフラーなどを投入してエンジンチューンが行われているあたりも往年の手法を思わせるが、フレームのヘッドパイプ角の変更や(28度から27度)前輪の小径化(19インチから18インチ。同時にリムの素材をスチールからアルミに変更)などを行い、開発ベースになったボンネビルとは一線を画するスポーティな乗り味が演出されている点は、メーカーならではの仕事と言えるだろう。

なお1960年代のトライアンフは、『スラクストン500』というプロダクションレースで何度も優勝を飾っており、1964年には『T120ボンネビル』の細部を競技用として改めた市販レーサーのスラクストンを限定販売している。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
価格(消費税込み)
120万7,500円
エンジン型式
空冷並列2気筒 DOHC 8バルブ
総排気量
865cc
ボア×ストローク
90×68mm
最高出力
70ps/7,250rpm
最大トルク
7.3kg-m/5,750rpm
燃料供給
キャブレター
駆動方式
チェーン式
トランスミッション
5速
オイル容量
4.5リットル
燃料タンク容量
16リットル
サイズ
全長2,150×全幅695×全高1,095mm
ホイールベース
1,510mm
シート高
790mm
車両重量
205kg(乾燥)
フロントタイヤサイズ
100/90-18
リアタイヤサイズ
130/80R17
フロントブレーキ
油圧式シングルディスク
リアブレーキ
油圧式シングルディスク

カラーバリエーション

スラクストンの画像
レーシングイエロー(2005)
スラクストンの画像
カスピアンブルー(2005)
スラクストンの画像
ジェットブラック(2005)
スラクストンの画像
トルネードレッド(2007)
スラクストンの画像
ジェットブラック/ゴールドストライプ(2008) 燃料供給=フューエルインジェクション
スラクストンの画像
アルミニウムシルバー/レッドストライプ(2008) 燃料供給=フューエルインジェクション
スラクストンの画像
トルネードレッド/ホワイトストライプ(2008) 燃料供給=フューエルインジェクション
スラクストンの画像
ブルックランドグリーン(2014) 135万円(消費税8%込み ※2014年4月時点)
スラクストンの画像
ファントムブラック(2014) 135万円(消費税8%込み ※2014年4月時点)
スラクストンの画像
スラクストンエース ピュアホワイト/ジェットブラック(2014) 142万5,600円(消費税8%込み ※2014年12月時点)

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す