VIRGIN TRIUMPH | レジェンドTT(1998) 年式別モデルカタログ

レジェンドTT(1998)

レジェンドTT(1998)の画像

LEGEND TT(1998)

サンダーバードをベースとしながらも
個性を重視したベーシックモデル

『サンダーバード』の派生機種として1998年に登場した『レジェンドTT』は、小柄なライダーへの配慮と販売価格の抑制を念頭に置いて生まれたベーシックモデル。まず小柄なライダーへの対応は、シート形状の見直しに加えて、サブフレームとリアサスペンションのリンクを専用設計するという、手間のかかる改善作業を実施。結果的にレジェンドTTのシート高は、サンダーバードより75mm低い725mmとなり、左右幅を約50mm短縮したサイドカバーと合わせて考えると、足つき性が格段に向上することとなった。

一方の販売価格については、カラーリングやタンクバッジの簡素化、クロームめっきパーツの削減などで大幅なコストダウンを達成。とはいえ、リバースコーンタイプのメガホンマフラーや、120/70ZR17サイズのフロントタイヤなどは(前後17インチのスポークホイールはサンダーバードスポーツと共通。サンダーバードはフロント18インチ/リア16インチ)、レジェンドTTならではの装備で、このあたりは安易な廉価版を作らず、各機種の個性を重視するトライアンフならではの仕事と言えるだろう。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
価格(消費税込み)
-
エンジン型式
水冷並列3気筒 DOHC 12バルブ
総排気量
885cc
ボア×ストローク
76×65mm
最高出力
70ps/8,000rpm
最大トルク
7kg-m/4,000rpm
燃料供給
キャブレター
駆動方式
チェーン式
トランスミッション
5速
オイル容量
4リットル
燃料タンク容量
15リットル
サイズ
全長2,320×全幅860×全高1,340mm
ホイールベース
1,580mm
シート高
725mm
車両重量
215kg(乾燥)
フロントタイヤサイズ
120/70ZR17
リアタイヤサイズ
160/60ZR17
フロントブレーキ
油圧式シングルディスク
リアブレーキ
油圧式シングルディスク

カラーバリエーション

デイトナ675の画像
インペリアルグリーン(2001)
デイトナ675の画像
カーディナルレッド(2001)

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す