VIRGIN TRIUMPH | デイトナ675(2009) 年式別モデルカタログ

デイトナ675(2009)

デイトナ675(2009)の画像

DAYTONA675(2009)

レース参戦で培ったノウハウをフィードバック
スーパースポーツとしての資質を高める

2006年に鮮烈なデビューを飾った『デイトナ675』は、2009年になるとレース参戦で培ったノウハウをフィードバックした大幅刷新を敢行。アルミフレームやスイングアームといった基本骨格は従来型を踏襲するものの、3気筒エンジンはシリンダーヘッドの設計を全面刷新したうえで、ピストンやコンロッドの軽量化を行い、さらにはバルブスプリングやカムチェンテンショナー、吸気ファンネル、ミッション、シフトフォークの構造を見直すなど、多岐に渡る改良が施されている。

足まわりで目に付くのは、モノブロックタイプのキャリパーが採用されたフロントブレーキだが、耐熱性を高めたディスクや軽量化が行われたたリアホイール+スプロケットも新作で、従来型からフルアジャスタブル式だった前後ショックユニットには、新たに縮み側のダンパーに高速と低速の2系統に分けて制御できる機構が導入されている。

2011年にはこのモデルをベースに開発されたR仕様も登場。オーリンズ製前後ショックやブレンボ製フロントマスター&キャリパーを採用するRは、標準仕様+26万3,000円となる152万3,000円で販売された。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
価格(消費税込み)
126万円
エンジン型式
水冷並列3気筒 DOHC 12バルブ
総排気量
675cc
ボア×ストローク
74×52.3mm
最高出力
128ps/12,600rpm
最大トルク
73Nmm/11,750rpm
燃料供給
電子制御式燃料噴射
駆動方式
チェーン式
トランスミッション
6速
燃料タンク容量
17.4リットル
サイズ
全長2,010×全幅700×全高1,120mm
ホイールベース
1,395mm
シート高
825mm
車両重量
162kg(乾燥)
フロントタイヤサイズ
120/70ZR17
リアタイヤサイズ
180/55ZR17
フロントブレーキ
油圧式ダブルディスク
リアブレーキ
油圧式シングルディスク

カラーバリエーション

デイトナ675の画像
ブラック(2009)
デイトナ675の画像
レッド(2009)
デイトナ675の画像
カスピアンブルー(2010)
デイトナ675の画像
ファントムブラック(2010)
デイトナ675の画像
トルネードレッド(2010)
デイトナ675の画像
カスピアンブルー/ゴールド(2011)
デイトナ675の画像
ファントムブラック/ゴールド(2011)
デイトナ675の画像
ディアブロレッド(2011)
デイトナ675の画像
デイトナ675R クリスタルホワイト(2011)
デイトナ675の画像
デイトナ675SE サルファーイエロー(2012) 131万5020円(消費税込み)

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す