VIRGIN TRIUMPH | ボンネビル(2001) 年式別モデルカタログ

ボンネビル(2001)

ボンネビル(2001)の画像

BONNEVILLE(2001)

現代の技術を投入して
古き良き時代の味わいを再現

2001年から発売が始まった『ボンネビル』は、1960年代に“世界最良のスポーツバイク”と呼ばれた『T120ボンネビル』を現代の技術で復刻したモデルだ。もっとも、かつてのT120ボンネビルとの共通点は、マシン全体の雰囲気や空冷バーチカルツインエンジン+スチール製ダブルクレードルフレームという形式くらいで、実際にはすべての部品が新規設計されていた。

新世代の空冷バーチカルツインエンジンで最も注目すべき要素は、燃焼効率を追求して導入されたDOHC4バルブヘッドだが、プレーンメタル支持の360度クランクや振動対策用の2軸バランサー、『TT600』をベースとする5速ミッション、ケーヒン製の負圧式キャブレターなども、かつてのT120ボンネビルとはまったく異なる装備。当初は790ccだった排気量が865ccに拡大されたのは2007年からで、翌2008年には燃料供給がインジェクションに変更されている。

一方の車体はシンプルかつ堅牢な構成で、41mmフロントフォークやコンベンショナルなリアのツインショック、フロント19インチ/リア17インチのスポークホイールなどに革新的な要素は感じられない。とはいえ、古きよき時代の味わいや軽快さを備えながら、現代的な安定感を盛り込んだボンネビルの乗り味は、トライアンフならでは。21世紀に蘇ったブリティッシュツインは世界各国で高評価を獲得していくこととなった。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
価格(消費税込み)
92万8,000円
エンジン型式
空冷並列2気筒 DOHC 8バルブ
総排気量
790cc
ボア×ストローク
86×68mm
最高出力
62ps/7,400rpm
最大トルク
6.1kg-m/3,500rpm
燃料供給
キャブレター
駆動方式
チェーン式
トランスミッション
5速
オイル容量
4.5リットル
燃料タンク容量
16リットル
サイズ
全長2,250×全幅860×全高1,105mm
ホイールベース
1,493mm
シート高
775mm
車両重量
205kg(乾燥)
フロントタイヤサイズ
100/90-19
リアタイヤサイズ
130/80-17
フロントブレーキ
油圧式シングルディスク
リアブレーキ
油圧式シングルディスク

カラーバリエーション

ボンネビルの画像
スカーレットレッド(2001)
ボンネビルの画像
ジェットブラック(2003)
ボンネビルの画像
エーゲブルー(2005)
ボンネビルの画像
グッドウッドグリーン(2005)
ボンネビルの画像
ジェットブラック(2005)
ボンネビルの画像
シルバー(2006)
ボンネビルの画像
グッドウッドグリーン(2006)
ボンネビルの画像
ジェットブラック(2006)

こちらの記事もオススメ!

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す