VIRGIN TRIUMPH | トライアンフ サンダーバード LT 試乗インプレッション

トラインフ サンダーバード LTの画像
TRIUMPH Thunderbird LT

トライアンフ サンダーバード LT

世界最大パラレルツイン搭載の
英国流ラグジュアリークルーザー

トライアンフのクルーザーラインに新たなモデルが加わった。「サンダーバードLT」はベースモデルの排気量を拡大した上級バージョン「サンダーバードストーム」の派生モデルである。ストームがクールで都会的なイメージであるのに対し、LTはスクリーンやパニアケース、バックレストを標準装備するなどタンデムでのロングツーリングにも対応した本格的クルージングツアラーに仕上げられているのが特徴だ。トライアンフ伝統のパラレルツイン(並列2気筒)エンジンを搭載する英国流クルーザーの魅力をとくと拝見してみたい。

トライアンフ サンダーバード LT 特徴

トライアンフ サンダーバード LT 写真
トライアンフ サンダーバード LT 写真
トライアンフ サンダーバード LT 写真

旅の装備が充実した
快適ツーリング仕様

トライアンフ サンダーバード LT 写真

市販車世界最大となるパラレルツインを搭載するトライアンフの旗艦クルーザーが「サンダーバードLT」である。LTとはライトツーリング(Light Touring)の略で、思い立ったときに気軽にツーリングに出かけられる仕様とのこと。ワンタッチで取り外しできるウインドスクリーンや本革製パニア、パッセンジャー用バックレストなど、旅に必要となる装備が最初からミニマムで備わっているのが特徴だ。

水冷並列2気筒DOHC 4バルブ1699ccエンジンは、ロングストロークと不等間隔燃焼タイミングの270°クランクの組み合わせにより、味わい豊かな鼓動感が楽しめるのが特徴。メカニズム的にも、鍛造ピストンにツイン・バランス・シャフト、オートマチック・ディコンプレッサー、センター・カム・ドライブ、インテグレーテッド・トーションダンパーなど最新装備が与えられ、マルチシーケンシャル電子燃料噴射装置や6速トランスミッションの採用により、クラシカルな雰囲気にもかかわらず現代的な走りの性能を有していることもサンダーバードシリーズの魅力である。ちなみに駆動系にはベルトドライブを採用し、メンテナンス性と耐久性、静寂性を向上させている。

トライアンフ サンダーバード LT 写真

ライポジもより快適性を重視したプルバックハンドルを採用するとともに、シートもワイド化され肉厚をベースモデルより30mmアップ。フォームも二重構造とし、ランバーサポートを追加するなど、座り心地と腰回りのサポート性が高められた。

細かい部分だが、実はフレームも新設計となり、ハンドリングと乗り心地の更なる向上を目指して主にフロントまわりのジオメトリーが変更されている点も見逃せないポイント。足回りも、フロントにはシュラウド装備のφ47mmショーワ製フォークを採用、リヤには同じく5段階プリロード調節付きのLT専用ツインショックの組み合わせ。さらにブレーキはフロントにはニッシン製4ポットキャリパー&φ310mmフローティングディスク、リヤにはブレンボ製シングルキャリパー&310mmディスク、ABSが標準装備されるなど充実ぶりがうかがえる。

また、イギリスのエイボンと共同開発した世界初のホワイトウォール・ラジアルタイヤや56本ワイヤースポークを採用するなど、クラシカルかつエレガントなスタイリングへのこだわりも、LTならではの魅力となっている。

トライアンフ サンダーバード LT 試乗インプレッション

質実剛健な作りと
走りの良さが魅力

トライアンフ サンダーバード LTの画像

トライアンフ サンダーバード LT 写真

LTの魅力としてはまず、質実剛健な作りが挙げられる。巨大なブロックのようなエンジンはもちろん、フレームや足回りなどマシン全体がカッチリしっかりと作られている。トライアンフの中では最もラグジュアリーなクルーザーモデルではあるが、華美な装飾などはなく、最近流行りの電子デバイスも付いていない。先に挙げたLT専用装備も旅での実用性を重視した堅牢な作りが印象的だ。

エンジン特性も節度がある。Vツインと比べると大人しめの印象があるパラレルツインだが、実際に乗ってみると印象はうって変わる。1700cc近い排気量と不等感覚で爆発する270度クランクが紡ぎだす鼓動感は格別で、Vツインに勝るとも劣らない味わいがある。むしろ一発一発の輪郭はくっきりとしている感じさえある。溢れるトルクを生かしながら、ちょっと高めのギヤで街を流しつつ、そのソリッドな鼓動感を楽しむのが楽しい。その一方で、高回転までスムーズに吹け上がるパワー感や、スロットルを開けたときの俊敏なレスポンスなどは水冷DOHCならでは。何速ギヤからでも400kg近い巨体を軽々と引っ張っていく。LTのエンジンフィールをズボンに例えるなら、履きこなしたGパンというよりは、プレスの効いたスラックスのようだ。真面目で硬派な感じが、トライアンフの作るクルーザーの特長かもしれない。

トライアンフ サンダーバード LT 写真

ハンドリングもカチッとしている。通常、大型クルーザーはその性格上、乗り心地や直進安定性を重視したハンドリングに仕上げられていることが多い。ゆったりと快適に距離を稼げる一方で、コーナリングは苦手だったりすることも。ただLTの場合は、ハンドリングがとてもいい。これはトライアンフのクルーザー全般に言えることだが、快適性にスポーティさも兼ね備えているのだ。サスペンションも単なるクッション性重視のフカフカなタイプではなく、コシ感もありストローク量も豊富で、ワインディングでもけっこう積極的な走りを楽しめる。前後16インチのファットタイヤなので、倒し込みはゴロンとしているが意外と軽快でスムーズ。このクラスとしてはホイールベースも短めということもあり、見た目以上に旋回もコンパクトだ。Uターンなどの低速ターンでも、クルーザーにありがちなハンドルの切れ込みや重さはほとんどなく、どんな速度レンジでもニュートラルなハンドリングが印象的である。エンジンレイアウトの妙なのか、取り回しも重量の割に軽く感じる。また、前後で3枚揃えのφ310mmディスクブレーキも、タッチが分かりやすくかつ強力。ABS標準装備なのでいざというときも安心感だ。

トライアンフ サンダーバード LT 写真

安心と言えば、シートが低めなのも良い。平均的な日本人なら足着きに不安はないはずだし、ハンドル位置も後退しているので割とコンパクトに乗り込める。それでいて、シートクッションは厚みが増していて、まるで4輪高級車のような極上の座り心地。特筆すべきは新設されたランバーサポートで、体重が集中する仙骨辺りを支えてくれるため、ロングランでも疲れ知らずだ。

LTには驚くようなハイテク装備があるわけではなく、デザインも伝統的でオーソドックスだが、そこがまた安心感でもあり良さでもある。世界最大排気量のパラレルツインがもたらす圧倒的なゆとりと包容力。そして、トライアンフならではの走りの性能。信頼できる旅の相棒として、末永く付き合っていけるモデルだと思う。

トライアンフ サンダーバード LT の詳細写真

トライアンフ サンダーバード LTの画像
サンダーバードをベースに排気量を拡大した水冷並列2気筒DOHC4バルブ1699ccエンジンは、6速トランスミッションに最先端のフューエルインジェクションを備え94ps/5400rpmを発揮。
トライアンフ サンダーバード LTの画像
270度クランクの採用により、90度Vツインと同じ不等間隔爆発タイミングを得ることで、独特のトルクフルな鼓動感を創出。ツインバランスシャフトやトーションダンパーなど最新技術も投入されている。
トライアンフ サンダーバード LTの画像
英国・エイボン社と共同開発した世界初のホワイトウォール・ラジアルタイヤを56本タイプのワイヤースポークホイールを装備。ディープフェンダーとともにクラシカルな雰囲気を演出。フロントブレーキはニッシン製4ポットキャリパー&φ310mmダブルディスクの組み合わせ。ABSを標準装備。
トライアンフ サンダーバード LTの画像
ツイン補助灯着きシングルヘッドライト、およびクイック・デタッチ・スクリーンがクラシカルな印象を与えるフロントまわり。スクリーンは工具なしで簡単に取り外し可能で、オプションで大型スクリーンも選べる。
トライアンフ サンダーバード LTの画像
レザーパニアを標準装備。車体にぴったりフィットした純正ならではのデザインが魅力で、型崩れしにくい樹脂製ケースの上に本革を貼りつけた作りになっている。
トライアンフ サンダーバード LTの画像
パニアのフラップは、クイックリリース式のバックルとベルクロで留められ、簡単に開閉できる仕組み。ケースの中には純正の防水バッグが内蔵されている。
トライアンフ サンダーバード LTの画像
フレームが新設計となり、低いシートポジションを維持しながら、シートの肉厚を30mmアップさせることに成功。足着き性と快適性を両立させている。フロントシート中央の突起した部分が腰を快適にホールドするランバーサポート。バックレストはLT専用装備。
トライアンフ サンダーバード LTの画像
クロームメッキに輝くメーターハウジングがマウントされた21リットル容量の燃料タンク、ピンストライプによってツートンに塗り分けられたカラーリングがクラシカルな雰囲気を醸し出している。
トライアンフ サンダーバード LTの画像
フットボードタイプのステップ、シーソー式のチェンジペダルなど、伝統的なクルーザーテイストのディテールが特徴。パッセンジャー側も同じくフットボードタイプを採用している。
トライアンフ サンダーバード LTの画像
耐久性やメンテナンス性、静寂性にも優れるベルトドライブ駆動を採用。リヤブレーキはブレンボ製キャリパー&φ310mmシングルディスクの組み合わせにより十分な制動力を発揮。リヤサスペンションは専用バネレートとプリロード調整を備えるツインショックを採用。
トライアンフ サンダーバード LTの画像
LT専用となるプルバックタイプのハンドルバーが、長距離ツーリングにも適したリラックスしたライポジを実現。バックミラーの張り出しも少なく、コックピットまわりは意外とコンパクトな印象だ。
トライアンフ サンダーバード LTの画像
ブラックパネルのクラシカルなアナログ式スピードメーターには、燃料ゲージと残量警告灯、ツイントリップ、オドメーター、時計などを装備。ハンドルバースイッチで表示切り替えできる。

SPECIFICATIONS –TRIUMPH Thunderbird LT

トライアンフ サンダーバード LT 写真

価格(消費税込み) = 210万円

※表示価格は2014年5月現在

市販車最大のパラレルツインエンジンを搭載するプレミアム・クラシック・クルーザー。トライアンフの旗艦モデルに相応しい豪華装備とクラストップレベルのシャシー性能による確かな走りが魅力。

  • ■エンジン型式 = 水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ
  • ■総排気量 = 1699cc
  • ■ボア×ストローク = 107.1×94.3mm
  • ■最高出力 = 94ps/5,400rpm
  • ■最大トルク = 156Nm/2,950rpm
  • ■トランスミッション = 6速
  • ■サイズ = 全長2,546×全幅960×全高1,500mm
  • ■車両重量 = 390kg
  • ■シート高 = 700mm
  • ■ホイールベース = 1,664mm
  • ■タンク容量 = 21リットル
  • ■Fタイヤサイズ = 150/80-16
  • ■Rタイヤサイズ = 180/70-16

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す