VIRGIN TRIUMPH | 2019年モデルでマイナーチェンジが施された新型ストリートツイン 試乗インプレッション

2019年モデルでマイナーチェンジが施された新型ストリートツイン

トライアンフ ストリートツイン の詳細写真

トライアンフ ストリートツインの画像
歯切れの良い排気音を奏でる左右二本出しのサイレンサーは、後方に向かってやや跳ね上げられた格好でセットとされたうえ、質感の高いブラシ仕上げとされている。
トライアンフ ストリートツインの画像
モダンクラシックシリーズのイメージに似合うオーソドックスなステップバーが備わる。シートに跨りステップに足をのせると、自然なライディングポジションをとれる位置となっている。
トライアンフ ストリートツインの画像
ブレンボ製の4ポッドキャリパー、そして新設計のアルミ鍛造のキャストホイールを採用。さらに空気圧のモニタリングシステムがアクセサリーで用意された。
トライアンフ ストリートツインの画像
ストリートツインは水冷方式のエンジンを採用しているが、ラジエーターはエンジン前方のフレームの前に設置されており、空冷エンジンのように見える。
トライアンフ ストリートツインの画像
新型のエンジンは、最高出力の大幅な向上、そしてレブリミットが引き上げられただけではなく、軽量クラッチも採用され、さらに扱いやすいものとなっている。
トライアンフ ストリートツインの画像
ブレーキがアップデートされたことに応じて、新型カートリッジフォークが採用されている。ストローク量こそ大きくないものの、動きは良いものだ。
トライアンフ ストリートツインの画像
リアにはスタンダードなスタイルのツインショックが採用されている。プリロードの調整が可能なので、多量の積載やタンデム時などにセッティングを合わせたい。
トライアンフ ストリートツインの画像
新設計とされたシートは、乗り心地が向上したほか、座面がフラットでタンデムなどもしやすい。ツーリングなどでの長時間の乗車でも疲れにくくなった。
トライアンフ ストリートツインの画像
テールランプにはLEDが採用されている。ヴィンテージなスタイリングの中にもモダンな要素が散りばめられている。
トライアンフ ストリートツインの画像
アナログタイプのスピードメーターと、液晶ディスプレイの組み合わせ。残燃料やライディングモードの他、回転計、時間、走行距離などが表示できる。
トライアンフ ストリートツインの画像
クラシカルな丸型ヘッドライトを採用。新型ではライトステーがブラシ仕上げとされている。中央にトライアンフのロゴが備わっているのもポイントとなっている。
トライアンフ ストリートツインの画像
ややアップタイプとされたバーハンドル。ハンドル幅は抑えられており、程よくスポーティなライディングポジションがとれるようにされている。
トライアンフ ストリートツインの画像
ストリートツインの特徴の一つに挙げられる美しい丸みを持つ燃料タンク。写真のコロッシレッドの他に、ジェットブラックとマットアイアンストーンの3色が用意された。
トライアンフ ストリートツインの画像
ETC車載器程度ならセットできるシート下スペースには、USB電源が備わっている。スマホの充電や、ヒートウエアなどの電源としても重宝するだろう。
トライアンフ ストリートツインの画像
左側のスイッチボックスには、メーター内の表示を行うことができるインフォメーションボタンの他に、ライディングモードの切り替えスイッチが新たに備わった。
123

注目のアイテムはコチラ

バイク買取&乗り換えガイド