VIRGIN TRIUMPH | ブラックエディションが加わったトライアンフの「ストリートツイン」、そのキャラクターに迫る 試乗インプレッション

ブラックエディションが加わったトライアンフの「ストリートツイン」、そのキャラクターに迫る

トライアンフ ストリートツイン 写真
TRIUMPH STREET TWIN

ブラックエディションがデビューした
ストリートツインの”らしさ”に迫る

これまでのツインショック型モデルであるボンネビル系、ストリートツイン系、スラクストン系に加え、新たに開発されたリジッド型フレームとともにデビューしたボンネビルボバー系と、ネオクラシックシリーズを増産し続けているトライアンフ。このたび、ストリートツイン ブラックエディションがデビューしたことでますますの充実ぶりとなるこのカテゴリーで、改めてストリートツインのキャラクターに迫ってみたい。

トライアンフ ストリートツイン 特徴

ストリートシーンに特化した
特異なキャラクターがアイデンティティ

トライアンフ ストリートツイン 写真

1960年代、アメリカのボンネビル・ソルトフラッツで当時最速レコードをマークしたことからその名が冠されるようになった「ボンネビル」シリーズ。2001年に空冷並列2気筒DOHC8バルブという新型バーチカルツインエンジンとともに復活した現代のボンネビルは、2016年の水冷化(水冷並列2気筒SOHC8バルブ)に伴ってラインナップを一新。このとき、ボンネビルT120、スラクストン & スラクストンRとともに初代水冷モデルとしてラインナップを飾ったのが、今回紹介するストリートツインだ。

その系譜は、2009年から2016年までラインナップを飾ったエントリーモデル、空冷ボンネビルにある。それまでのボンネビルシリーズは、フロント19 / リア17インチホイールから成る正統派クラシックスタイルで統一され、違いはタンクグラフィック程度のものだった。しかしこの2009年以降のボンネビルは、前後17インチのキャストホイールという現代のスポーツバイクに見られるフットワークを与えられ、よりフレンドリーに街中を流せるマシンへと変貌を遂げたのだ。

水冷エンジン化により、ボンネビルシリーズのホイールサイズはフロント18 / リア17インチに統一された。タンクデザインやシート、二連メーターなど、よりクラシカルなテイストはボンネビルT120とボンネビルT100が継承し、ストリートツインは空冷ボンネビルの流れを受け継ぎつつも、よりコントローラブルなストリートバイクとなる役割を与えられた。

トライアンフ ストリートツイン 写真

排気量899ccの水冷バーチカルツインエンジンを心臓に、ツインショック型フレーム構造はボンビルT120やボンネビルT100と共有。そのエンジンセッティングも、最大出力が55ps(40.5kW)/ 5,900rpm、最大トルクが80Nm / 3,230rpmと、同じ排気量のボンネビルT100と同様。しかしここから見るディテールが、明確なキャラクターの違いを生み出す。

前述のとおりホイールサイズはフロント18 / リア17インチで、スポークホイール & ダブルディスクブレーキ仕様のT120に対してストリートツインはキャストホイール & シングルディスクという組み合わせに。ホイールベースもT120の1,445mmに対して1,439mm、シート高も750mm(T120は780mm)という設計から、ややローダウンしたモデルとしてまとめられている。乾燥重量も198kgと、200kgを割るほどだ。

一見全ボンネビル共通に見えるフューエルタンクだが、14.5リットルのT120やT100に対してストリートツインのそれは12リットルとやや小ぶりなタイプに。シルエットを見比べるとやや滑らかなデザインになっていることに気づく。合わせてシートもパッセンジャー対応型でありながら、シャープなラインが印象的な仕上げとされる。リアフェンダーも無駄のない軽量型が採用されている。

トライアンフ ストリートツイン 写真

一方、コックピットに目をやるとスピードメーターはボンネビルボバーと共通の大柄なタイプで、ヘッドライトステーはカフェレーサーカスタムに多用されるオークランド型となっている。フォークブーツの存在が、ブリティッシュテイストを際立たせる。さらにエンジンの左右から突き出るステンレス製メガホンマフラーが、マシンにレーシーなテイストを与える。

アンチロックブレーキングシステム(ABS)にスロットルコントロールを調整するライド・バイ・ワイヤ システム、そしてトルクの伝達を最適化するトラクションコントロールと、最新のモーターサイクル機能もしっかり兼ね備えている。モダンクラシックとは言え、現代のロードシーンに対応する性能が見えざる部分に秘められているのだ。

そんなディテールの組み合わせから、ストリートシーンを強くイメージさせるこのモデル。何よりツインショック構造から成るクラシックテイストこそストリートツインのキモだと言えるかもしれない。ボンネビルボバーなどに見られるモノショック(サスペンション1本)型の新設計フレームが続々と登場するなかで、トライアンフのアイデンティティとも言えるツインショックフレームがこのモデルに継承されているのは興味深い。

そんなストリートツインのキャラクターを探ってみるべく試乗へと駆り出した。

トライアンフ ストリートツイン 試乗インプレッション

エントリーモデルとしての仕上げながら
ライディングプレジャーをしっかり内包

トライアンフ ストリートツイン 写真

比較的ロースタイルのモデルであることはスペックからも分かっていたが、実際に跨ってみると身長174cmの筆者だと膝に余裕を持たせてのベタ足という足つきに。海外モデル特有の幅広シートはストリートツインでも同様で、股間部分を細身にすれば身長160cm足らずのライダーでも不安を覚えない足つきを実現できるだろう。

走り出してまず感じたのは、中低速でのレスポンスの良さだ。ツイン特有のトルクはしっかりと残しつつキレの良いスロットルワークで走り出すところは、さすがストリート仕様と感心する。とりわけ3速ぐらいまでのギアチェンジは実に小気味よく、ストップ & ゴーが多く入り組んだ街中を軽快に走り抜けるにはもってこいの味付けにされている。軽量なボディにニュートラルなライディングポジション、フロント18 / リア17というホイール設定もストリートツイン特有の走りを優しくサポートする組み合わせだと言えよう。

トライアンフ ストリートツイン 写真

大きなコーナリングでグッと踏み込んで曲がっていくも、よほど無茶な走り方をしない限りステップを擦ることはまずない。ロースタイルゆえ早々に擦るイメージがあったが、そこはやはりネオクラシックモデルだ、ロースタイルと言えどオートバイとしての最低限のバンク角は確保されている。

排気量899ccエンジンで5速ミッションという設定もあってか、4〜5速ギアに入れてからの伸びはリッターバイクのそれに及ばない。特にハイウェイ走行でそのキャラクターが如実に現れる。東京の首都高速道路や大阪の環状線のようなクネクネやアップダウンの多い有料道路では面白いほど軽快に走り抜けられるが、真っ直ぐ伸びる高速道路だと伸びに物足りなさを覚えるかもしれない。ロングツーリングにはやはりボンネビルシリーズのT120などが向いていると言え、反してこのストリートツインはよりストリートライドを意識したセッティングとなっているわけだ。

トライアンフ ストリートツイン 写真

400cc以下のバイクから大排気量モデルに乗り換えた際、想像を超えるパワーに戸惑いを覚えるライダーも少なくないだろう。クラシカルなスタイルながらリッターオーバーモデルであるT120などは初心者にとって思いのほかじゃじゃ馬とも言える存在で、その点ストリートツインは入門向け大型バイクだと言うことができる。市場で乗り比べる機会があれば、その違いをまざまざと感じ取れるだろう。

トライアンフ ストリートツイン 写真

今回登場した「ストリートツイン ブラックエディション」のほか、カフェレーサースタイルへと進化させた「ストリートカップ」の存在と、ボトムレンジを担いつつもエントリーライダーを優しく迎え入れるラインナップを充実させているところに、トライアンフがこのモダンクラシックを重要視していることが伺える。入門でもここまで楽しみの幅を広げられると、このカテゴリーが新たな提案をしてきているようだ。

トライアンフ ストリートツイン 写真
2018年7月1日にデビューしたストリートツインの特別装備車「STREET TWIN BLACK EDITION(ストリートツイン ブラックエディション)」。前後のLEDウィンカーキットに、ベンチシート、リアフェンダーレスキット、インテークカバー、バンス&ハインズ製スリップオンサイレンサー、エグゾーストヘッダーパイプを装備し、メーカー希望小売価格は123万円(税込)〜となっている。

トライアンフ ストリートツイン の詳細写真

トライアンフ ストリートツインの画像
2016年よりトライアンフのモダンクラシックモデルの心臓を担うことになった、空冷並列2気筒DOHC8バルブ バーチカルツインエンジン(排気量899cc)。
トライアンフ ストリートツインの画像
英車らしい大きなラウンドヘッドライトはオークランド型ライトステーで支えられる。
トライアンフ ストリートツインの画像
正統派モデルにふさわしいニュートラルなハンドルバーは、広すぎず狭すぎず。高さは決してアップライトではなく、着座位置と合間ってほど良く肘が曲がる程度のポジションとなっている。
トライアンフ ストリートツインの画像
デジタルタコメーター機能が内蔵された大柄なスピードメーターはボンネビルボバーなどと共通のもの。夜には内側から白く光るLED仕様になっている。
トライアンフ ストリートツインの画像
14.5リットルあるボンネビルT120やT100よりもやや小ぶりな、容量12リットルの専用フューエルタンク。カラーはこのアルミニウムシルバーのほか、ジェットブラック、クリスタルホワイト、クランベリーレッド、マットブラックの計5色が用意されている。
トライアンフ ストリートツインの画像
パッセンジャーも乗車可能なダブルシートもストリートツイン専用設計のもの。
トライアンフ ストリートツインの画像
LEDテールランプと組み合わされるショートタイプのリアフェンダー。カスタムテイストが香るところが魅力と言える。
トライアンフ ストリートツインの画像
ストリートツイン ブラックエディションやストリートカップと共通とされるキャストホイール、フロントサイズは18インチ。ディスクブレーキはシングル仕様に。
トライアンフ ストリートツインの画像
リアホイールはT100やT120と同じく17インチ仕様で、ツインショック構造のフレーム & スイングアームにチェーンドライブ駆動というクラシカルな組み合わせがそのアイデンティティだ。タイヤはピレリ ファントムスポーツが備わる。
トライアンフ ストリートツインの画像
戦闘的なキャラクターを際立たせるステンレス製メガホンサイレンサーが左右から突き出される。

注目のアイテムはコチラ

バイク買取&乗り換えガイド

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。