VIRGIN TRIUMPH | バイクの楽しさが詰め込まれた2019年式の新型ストリートスクランブラー試乗インプレ 試乗インプレッション

バイクの楽しさが詰め込まれた2019年式の新型ストリートスクランブラー試乗インプレ

トライアンフ ストリートスクランブラー の詳細写真

トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
テールランプには視認性が良く耐久性の高いLEDが採用されている。オーソドックスな装いの中に現代の技術を落とし込むモダンクラシックシリーズらしい装備となっている。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
車体右側にセットされた2本出しアップマフラーはスクランブラースタイルをより引き立てている。排気音も入念に計算されており、二気筒の心地よいエキゾーストノートを奏でてくれる。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
トライアンフ伝統のバーチカルツインエンジンを搭載。排気量は900ccで65馬力まで引き上げた。スタイリングこそクラシカルだが、水冷であり一気筒あたり4バルブとされている。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
ブレンボ製4ピストンキャリパーを新規に採用。絶対的な制動力を求めるというよりは、ブレーキングのタッチそのものが良くなっており、扱いやすく乗り心地の向上へと貢献している。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
ライダーとパッセンジャーでセパレートとされたシート。内部構造が見直され乗り心地が向上している。パッセンジャーシートはベースキャリアなどに交換することも可能となっている。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
リアサスペンションはツインタイプで、プリロード調整機構が備わっている。ストリートツインと同形状のものを採用しているが、車体バランスの違いもあり、柔らかな乗り心地となっている印象だ。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
タイヤはメッツラー・ツアランスが標準装備となっている。オンロードでのグリップ、耐久性の定評を持ちつつ、オフロードをイメージさせるトレッドパターンも兼ね備えている。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
新採用のカートリッジ式フロントサスペンションをワイドにセット。120mmのトラベル量はストリートツインと共通ながらも、19インチのワイヤースポークでショック吸収に優れる。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
柔らかな丸みを帯びた艶やかな燃料タンクは、モダンクラシックシリーズならではの造形美と言えるだろう。ストリートスクランブラーにはタンクパッドが標準装備となっている。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
幅は広く高い位置にセットされたハンドルは、大柄な車体を印象付けるとともに、アップライトなライディングポジションにも貢献する。上半身が立つことで広い視界を得られるのも特徴だ。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
オーソドックスな丸型ヘッドライトにH4バルブの組み合わせは、今の時代に見るとどことなく懐かしさを感じさせるものだ。もちろん夜間走行でも十分な光量を発揮する。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
ストリートスクランブラーにはアンダーガードが標準で装備されている。オフロード走行時の石などの跳ね上げからフレームを守ることはもちろん、スタイリングのポイントにもなっている。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
中央の液晶をマルチファンクションとし、周囲に速度計を配置したメーターパネル。ライディングモードの表示や、回転計、時計、トリップなど様々なインフォメーションを得ることができる。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
メーターパネルの液晶部の表示を変えるインフォメーションスイッチに加え、ライディングモードを変更するモードスイッチが追加された。なおクラッチレバーはトルクアシストクラッチにより操作が軽くされている。
トライアンフ ストリートスクランブラーの画像
シングルシート状態に変更した際などに取り外すことを想定し、タンデムステップは脱着可能となっている。なおパッセンジャーシートの取り外しにはドライバーが必要となる。
123

注目のアイテムはコチラ

バイク買取&乗り換えガイド