VIRGIN TRIUMPH | トライアンフ ボンネビル ボバー(2017) 試乗インプレッション

トラインフボンネビル ボバーの画像
TRIUMPH BONNEVILLE BOBBER

トライアンフ ボンネビル ボバー(2017)

50’sスタイルが現代に甦った
リアルボバーモデルの誕生

2016年に生み出した水冷バーチカルツインエンジンを軸にモデルバリエーションを増やしてきたトライアンフが、驚きのモデルをリリースした。1950年代のビンテージモーターサイクルを彷彿させる新開発のリジッド風フレームを骨格とするこの「ボンネビル ボバー」は、100年を超える歴史から成る伝統があってこそ生み出せた本格派のネオクラシックモデルと言っていい。もちろん見た目だけではない、最新エンジンとさまざまなシステムが組み合わされた真新しいライドフィールも強烈な個性を見せつけるものだ。

トライアンフ ボンネビル ボバー 特徴

トライアンフ ボンネビル ボバー 写真

既成概念を大きく覆す
異端モデルが誕生した

「ボバー」とはカスタムスタイルのひとつで、1940年代アメリカで流行したドラッグレースやダートトラックレースに参戦したレーサースタイルがその源流と言われる。無駄を削ぎ落とし、軽量化したスタイルはチョッパーと似て非なるもので、「短い」が語源のボバーはナロー(細い)スタイルが特徴的なチョッパーと異なり、ボディそのものをギュッと凝縮させた力強いシルエットが魅力とされる。

伝統の名称「ボンネビル」に「ボバー」を冠したこの最新モデル、やはり特徴はそのフレーム形状だろう。2本のリアサスペンションを備えるツインショックフレームが基本構造となっていたトライアンフのモダンクラシックに、まさかリジッド型フレームを備えたバイクが登場するなど、誰も想像つかなかったからだ。

トライアンフ ボンネビル ボバー 写真

モーターサイクル史に詳しい方なら耳にしたことがあるだろう「リジッドフレーム」とは、1950年代以前、リアサスペンションという概念が存在しなかった時代にスタンダードとされていたフレーム構造で、トライアングル形状のリアアクスル部でリアホイールを支える組み付けとなっている。当然ながら衝撃を吸収することなどできず、路面から伝わる衝撃はそのままダイレクトにライダーの体を大いに刺激した。別名「ハードテイル」とも呼ばれるものである。

ツインショックフレームが生まれ、そしてモノショック(リアサスペンションが1本)が誕生し、モーターサイクルの快適性が高まるとともにリジッドフレームはその役目を早々に終えた。そんなリジッドの歴史を今に伝えるモデルはハーレーダビッドソンのソフテイルモデルだけで、ネオクラシック最盛期の現代とはいえ、そのリジッド型フレームを再現しようというメーカーは他に現れなかった。

トライアンフのモダンクラシックはツインショックフレームというイメージが強くはあるが、1950年代前半まではリジッドフレームを採用していた。かつてヨーロッパやアメリカを席巻したビンテージレーサーを復活させることを目的とするボンネビル ボバーのプロジェクトは、フレームまで新規開発するという想いの強さから生まれたものなのだ。

もちろんリアサスペンションのない完全なるリジッドフレームではなく、シート下から顔を覗かせる専用のリアサスペンションに巧みな動きで衝撃を緩和する「ケージ」スイングアームと、現代モデルにふさわしい仕様となっている。タイヤサイズはフロント19 / リア16とされ、タイヤには英AVON社「コブラ」を採用。いずれもこれまでのトライアンフになかった仕様で、ハーレー・スポーツスターやヤマハ・ボルトに見られるスポーツクルーザースタイルとなった。シングルディスクブレーキ & スポークホイール、そしてチェーンドライブ式という組み合わせも、ボンネビル ボバーのビンテージ感を一層強める。どちらかと言えばドラッグバーのようなワイドフラットバーに真鍮をあしらったスピードメーター、小ぶりなヘッドライト、サドルシート、フォークブーツが雰囲気を醸し出している。

トライアンフ ボンネビル ボバー 写真

そんなボンネビルボバーだが、ただクラシックスタイルを踏襲しただけのモデルではない。ここまでフォルムを極めつつも、心臓となるエンジンは最新の水冷バーチカルツインとなっていることから、先代の空冷エンジンを上回るキレの良い挙動が魅力のマシンとなっている。サドルシートも3段階でスライドが可能で、690ミリというシート高まで下げられるなど、随所に気の利いたギミックが施されているのも見どころだ。

枚挙にいとまがないほど魅力的な性能を備えるボンネビルボバー。数値では推し量れないそのライディングパフォーマンスを探っていくこととしよう。

トライアンフ ボンネビル ボバー 試乗インプレッション

意外極まりない攻撃性を秘めた
新感覚のビンテージレーサー

トライアンフ ボンネビル ボバー 写真

以前スラクストンに試乗した経験から、ツイン特有の鼓動感を味わわせつつ過不足ないスポーツ性能を発揮するこの水冷バーチカルツインエンジンのフィーリングは自分なりに掴んでいた。空冷エンジンと比べると挙動がクイックで、スロットルを捻れば瞬く間にエンジンが呼応し、次のギアへと切り替えるようマシンが催促してくるかのような楽しさが体感できるものだった。そうなると、この水冷エンジンのシャープな動きに新型フレーム & スイングアームがどう反応するのかが気になる。

トライアンフ ボンネビル ボバーの画像
身長174センチ / 体重74キロのライダーによるポジションチェック。

まずポジションだが、身長174センチのライダーが跨ると、ほぼ一文字のハンドル位置はやや遠く、両腕がピンと伸びてしまう。3段階で可変できるシートをさらに低くすると後ろにも下がってしまうため、さらにハンドルポジションが遠くなる。小柄なライダーだと足つきを気にしてついシート高を下げてしまうところだが、両腕が伸びきってしまっては操舵に影響を及ぼす。多少足つきを犠牲にしても、ハンドルポジションを優先させた方が良いだろう。どうしても辛い場合は、プルバック型バーに換えてハンドル位置を手前にしよう。

トライアンフ ボンネビル ボバー 写真

これまでのボンネビルシリーズと見比べると恐ろしく薄く見えるサドルシートだが、実際に跨ると見た目以上に安定していることがわかる。加えてステップ位置がミッドコントロールなので、自分にしっくりくるシート位置を見つけられれば、しっかりと踏ん張ることでライディングにも安定感をもたらすことができる。

スロットルをひねって走り出すと、排気量1,200ccのエンジンが小気味良く反応し、スムーズな挙動でギアを上げさせてくれる。「さすがは新型の水冷エンジン」と唸らされる切れ味鋭い挙動に感心しつつも、以前試乗したスラクストンほどスポーティな感じがしない。これは恐らく「SPORTS」モードがないからだろう(ボンネビルボバーは「RAIN」と「ROAD」のふたつのモード)。ビンテージモーターサイクルの再現をテーマとするボンネビルボバーにとっては、スタンダードな水冷エンジンでも十分スポーティなもの。スポーツバイクのそれとはかけ離れた新設計フレーム & スイングアームにシングルディスクブレーキというスペックを考えると、エンジンに魅せられてスピードを出しすぎるとヒヤッとする場面に遭遇するかも……などと想像してしまうところだ。

そんなエンジンが心臓だから、街中では3速以上にあげるケースはほとんどない。むしろ3速パーシャルで引っ張りながらエンジンブレーキを活用した乗り方がもっとも向いているように思える。これだとフットブレーキと併用するだけで、十分タウンユースを楽しむことができる。

トライアンフ ボンネビル ボバー 写真

ロー & ロングスタイルゆえに、コーナリング時の旋回はどうしても大回りになってしまい、そこでグッとバンクさせると簡単にステップを擦ってしまう。そこに水冷エンジンのスピード感が加わるわけだから、勢いまかせな乗り方は不向きなバイクだと言えよう。だからこそスピードに振り回されないライディングが必要になるのだが、それでもコントロールが難しいと思ったら、モードを「RAIN」にしてみよう。ウェットコンディションの路面でのスピンを抑えるなどその挙動をセーブする働きが特徴の「RAIN」モードなら、マイルドな乗り味とともに操作をサポートしてくれることだろう。

一方、そのコーナリング時のフレーム & スイングアームの挙動は、良い意味で想像を裏切ってくれるものだった。そこそこのスピードでタイトなコーナリングに挑戦してみたところ、思っていた以上のしなやかな動きで沈み込んでライダーを優しく支え、それでいて水冷エンジンの加速を殺さない力強さを発揮した。「ちゃんとスポーツ走行できるやん!」と、率直な感想を思わず出してしまったほどだ。もちろんモノショックと言っても同構造のアドベンチャータイプとは比べるべくもないが、それでも”必要にして十分”な動きで衝撃を緩和してくれるレベルだ。

つまりこのボンネビル ボバーは、教習所で学んだ操作入力をきちんとやってやれば、スポーツバイクとしての側面を覗かせながらちゃんと応えてくれる、というわけだ。

トライアンフ ボンネビル ボバー 写真

どうしてもそのスタイリングに目を奪われるボンネビル ボバーだが、ボンネビルT120やスラクストンと同じエンジンを備えていることもあって、その動きは十分スポーツバイクのレベルに達している。それでいて、モダンクラシックのなかで特異な世界観のモデルとしてさらなる幅をもたらす。未だ衰えぬネオクラシックブームの一翼を担うバイクであることに、疑いの余地はない。

トライアンフ ボンネビル ボバー の詳細写真

トライアンフ ボンネビル ボバーの画像
水冷並列2気筒 SOHC 8バルブ(排気量1,200cc)というバーチカルツインエンジン。水冷仕様ながらツイン特有の鼓動も楽しませるトライアンフの自信作だ。
トライアンフ ボンネビル ボバーの画像
ボバースタイルにふさわしくヘッドライトは小ぶりなサイズに。ウインカーもビンテージルックなデザインとされる。
トライアンフ ボンネビル ボバーの画像
やや滑らかながらほぼ一文字型となっているドラッグハンドルバー(ワイドフラットバー)。それゆえハンドル位置はやや遠めに。
トライアンフ ボンネビル ボバーの画像
真鍮があしらわれた大ぶりなスピードメーターはクラシカルなビジュアルに。マウント角度が変わる可変型仕様で、シート位置に合わせて寝かせたり起こしたりすることができる。
トライアンフ ボンネビル ボバーの画像
バーエンドタイプのラウンドミラー。ハンドルバーのさらに先に備わるため、結果的にかなり外に開いた状態に。狭路を走る際などは注意されたし。
トライアンフ ボンネビル ボバーの画像
モードは「RAIN」と「ROAD」に切り替え可能。ウェットコンディションのときにはスピンを起こりにくくする加速セーブ仕様の「RAIN」モードを活用すると良いだろう。
トライアンフ ボンネビル ボバーの画像
左のスイッチボックスには「デジタルメーター表示の切り替え」「左右ウインカー」(プッシュキャンセル型)「ホーン」が、右には「イグニッションスイッチ」「モード切り替えボタン」「ハザード」が備わる。
トライアンフ ボンネビル ボバーの画像
タンク容量9.1リットルのフューエルタンク。シンプルな単色の他に、コンペティション グリーン/フローズン シルバーのツートーンモデルもラインナップされている。往年のトライアンフのエンブレムがビンテージ感を高めている。
トライアンフ ボンネビル ボバーの画像
三段階で位置を替えられるオリジナルのサドルシート。もっとも低くて690ミリまで下げられる。
トライアンフ ボンネビル ボバーの画像
「ケージ」スイングアーム、パドックスタンドボビンマウント、モノショックリアサスペンションが備わるボンネビルボバー専用のリジッド型フレーム & スイングアーム。
トライアンフ ボンネビル ボバーの画像
シート下を覗くとモノショックの姿が。スタイルこそハードテイルでありながら、その実オフロードバイクのような最新の構造が用いられているところもボンネビルボバーの魅力だ。
トライアンフ ボンネビル ボバーの画像
クラシカルな楕円型テールランプはLED仕様に。新旧バランス良く組み合わせたディテールのひとつだ。
トライアンフ ボンネビル ボバーの画像
フロント19 / リア16というスポークホイールには、英AVON社「COBRA(コブラ)」のタイヤを組み合わせた。
トライアンフ ボンネビル ボバーの画像
シンプルなミッドコントロールステップには「TRIUMPH」のロゴが刻まれる。
トライアンフ ボンネビル ボバーの画像
ステンレス製サイレンサーはカスタムバイクを彷彿させるスラッシュカットに。これもボバー専用パーツだ。

関連する記事

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す