VIRGIN TRIUMPH | トライアンフ ロケットIII 購入ガイド

トライアンフ ロケットIII

トライアンフ ロケットIIIの画像

TRIUMPH ROCKET III

このモデル どんなモデル?

モデル概要

『ロケットIII』は、2004年に世界最大排気量(2,294cc)の量産バイクとして発表され、2005年には日本でも販売が始まります。“0-100km/hの加速が2.8秒”という桁外れのパワー(トルク)で話題のモデルでした。2008年に日本で施行された排出ガス規制により、惜しまれながら国内販売を終了しています。※熟成を進めて海外でラインナップしている『ロケットIIIロードスター』が2015年に日本でも限定発売されました

オススメポイント

最初は車体の大きさに圧倒されますが、慣れてしまえば意外と取り回しも楽で、走行中は重さを感じさせない軽快さを味わえます。240サイズの太いリアタイヤなど、外観にも迫力があり、所有するだけでも満足できるバイクです。ほかに比較できるモデルがないのも良いですね。

ココに注意

乗り慣れてくると、大きさや重さを忘れてどこでも走れそうな気がしてきますが、前後ともにタイヤが太いので、路面のうねりにハンドルをとられやすいようです。また、トルクが大きいため、クラッチを激しく使うと消耗が早い(のちに強化されました)ので、優しい運転を心がけましょう。

トライアンフディーラーより

当初は「とんでもないバイクを作ったな」と思いましたが、実際に乗ってみると、誰でも乗れるように作ってあることがわかり、感心したものです。10年以上も基本設計が変わらず、大きなトラブルもなく販売されてきました。排気量も含めて、こんなバイクはもう二度と出てこないだろうと思います。モデルチェンジもなく、消えゆく運命でしょう。気になる人は、手に入れておかなければ、一生後悔しますよ。

プロフィール
JR相模原駅の近く、国道16号線沿いにあるトライアンフ正規販売店。2005年からは、グローバル基準のストアデザインで作られた『トライアンフワールド店』の日本第1号店として、多くのトライアンフファンに親しまれている。
トライアンフ ロケットIIIの画像
排気量2,294ccの縦置き3気筒エンジンを搭載し、200Nmもの最大トルクを発生。左右3本出しのスラッシュカットマフラーもロケットIIIの特徴です(ロケットIIIロードスターは2本)。
トライアンフ ロケットIIIの画像
わずか数年しか国内販売されなかったロケットIIIですが、じつはカラーバリエーションが豊富。黒系と赤系を中心に、年式によってはイエローやシルバーもラインナップしていました。
トライアンフ ロケットIIIの画像
派生モデルとして、プルバックハンドルやフットボードでクルーザーイメージを高めた『ロケットIIIクラシック』、スクリーンとパニアケースを備えた『ロケットIIIツーリング』も追加設定されました。

関連する記事

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す