VIRGIN TRIUMPH | トライアンフ スプリントGT 購入ガイド

トライアンフ スプリントGT

  • 掲載日/2012年08月01日
  • 文/淺倉 恵介
トライアンフ スプリントGTの画像

TRIUMPH SPRINT GT

シャシーに大きく手を加えたことで安定性が大幅に向上
“GT”の名に恥じない快適・スポーティなツーリング性能を実現

スプリント GT は、大陸横断レベルの超長距離ツーリングを快適にこなせるように造られ、またトライアンフらしい高いスポーツ性も持たされている、汎用性の高いスポーツツアラーです。排気量 1,050cc のエンジンは、現行トライアンフのアイデンティティとも言える並列3気筒レイアウトを採用。先代モデルにあたるスプリント ST をベースにしていますが、インジェクションセッティングと排気系を見直したことにより、中回転域をメインにトルク特性が向上され、日常使用での扱いやすさが高められています。また、その上でピークパワーも5PS上げられ、最高出力は 130PS という高出力を実現していることも見逃せません。

車体に目を向けると、ホイールベースが大きく延ばされていることが特徴的です。このモディファイがスプリント GT のキャラクターをよく現していると言えるでしょう。スプリント ST のホイールベースが 1,457mm だったのと比較し、スプリントGTでは 1,537mm を確保。その差はなんと 80mm もあります。一見しただけでは車格にそれほどの差は感じられませんが、スプリント GT が如何に安定性を重視しているかがスペックから伺えます。また、新設計のマフラーはセンターアップスタイルを廃止し、コンベンショナルな右側1本出しの集合タイプに変更。これにより低重心化が図られ、安定性向上に寄与しています。マフラーを一般的なレイアウトに変更した恩恵はそれだけではありません。従来、マフラーが占めていたシート下に空間が生まれ、ラゲッジッスペースとして活用されています。パニアケースが標準装備されるスプリント GT ではありますが、収納スペースは大容量であるにこしたことはありません。リアショックにはダイヤル調整式の油圧プリロードアジャスターを新たに装備、タンデム時や重量物を積載する時も素早く手軽なセッティング変更が可能です。また ABS も標準装備されるなど、ロングツーリング時の利便性、快適性、安全性を本気で考えたことが伝わってくる、設計陣の細やかな心遣いが感じられる1台です。

トライアンフ スプリントGT のここがポイント!
  • ● 安定性が大きく向上した新シャシー
  • ● 3気筒エンジンならではのスムーズなトルク特性
  • ● リアショックには油圧プリロードアジャスターを装備

トライアンフ スプリントGT のライバルはこれだ!

  • カワサキ ZX-14R

    カワサキ
    ZX-14R

    最高出力200PSを誇る、カワサキのフラッグシップ。先進のトラクションコントロールシステム「3モードKTRC」を装備しており、爆発的なパワーを誰もが気軽に扱える。

  • スズキ ハヤブサ1300

    スズキ
    ハヤブサ1300

    世界中で高い評価を得ている、スズキのメガスポーツ。ズバ抜けた高速性能だけでなく、タウンユースすらこなす高いフレキシビリティを持っているのが人気の秘密。

  • BMW K1300S

    BMW
    K1300S

    BMWの独自技術であるフロントサスペンション、デュオレバーが比類無き安定性と優れた旋回性を実現。大柄な車格に見合わぬ、鋭い運動性が楽しいスポーツツアラー。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す