VIRGIN TRIUMPH | せっかく買ったトライアンフ、とことん楽しもう! 瀧澤晋一さんのコラム

せっかく買ったトライアンフ、とことん楽しもう!

瀧澤晋一さんのコラム画像

VIRGIN TRIUMPH.comをご覧のみなさま、初めまして。トライアンフ京都 店長の瀧澤晋一と申します。前任者であるトライアンフ広島の永松店長から後任に指名され、このコラムを担当させていただくことになりました。トライアンフディーラーをスタートしてまだ1年ちょっとではありますが、私なりの言葉でトライアンフの魅力をお伝えできるように頑張りますので、どうぞお付き合いをよろしくお願いいたします。

トライアンフ京都は昨年1月に「開設準備室」としてスタートしました。以前は京都市内にあった旧トライアンフ京都が閉店してからしばらくの間ご不便をお掛けしておりました京都エリアのトライアンフにお乗りの皆さまをフォローさせていただくべく、またより多くの新たな方々にトライアンフの楽しさや魅力を伝えるために「京都にトライアンフが帰ってきました!」というメッセージと共に乙訓郡(おとくにぐん)大山崎町(おおやまざきちょう)にショールームを構えました。

瀧澤晋一さんのコラム画像

1回目は自己紹介を、という事なのでワタクシ瀧澤自身のお話をさせていただきます。ワタクシ、バイク販売店の店長としてはかなりの異色というか、周りからは異端児とも言われております(笑)。

実はワタクシ2015年10月にこの会社に入るまで2輪業界は全くの未経験でした。トライアンフはおろかバイクの知識はほぼゼロだったんです。ウチの社長がトライアンフをスタートするために人材を探していた時にご縁があって私と出会い、なぜかビビビッ! ときたらしくて(笑)お誘いを受けたのですが、最初はさすがに恐れ多く、何度かお断りしました(笑)。それでも猛烈なお誘いを受け続けそれならば、と入社を決意したんです。ワタクシ、ヤル! と決めたからにはトコトンな性格の持ち主なのでそれから1カ月間で大型バイク免許の取得、トライアンフについて猛勉強をさせていただきました。トライアンフは勉強すれば勉強するほどに奥が深く非常に魅力的なブランドで好きになるにはそう時間を要しませんでした。

瀧澤晋一さんのコラム画像

免許を取得してすぐにスピードトリプルR94を手に入れバイクの猛練習も行いました。トライアンフのバイクを知るためとツーリングイベントなどで皆さまに安心してついてきていただくためです。今思うと初めて乗ったバイクがトライアンフイチのじゃじゃ馬とも言われるスピードトリプルというのもすごいですけど、このバイクが楽しくて楽しくて! 降りて眺めているだけでもカッコよくて。

1月のスタートのころにはトライアンフを大好きになり、どっぷりハマっていました。トライアンフ京都は中古車の取扱いもあるので古いトライアンフや最新のトライアンフまでこの1年間で2万キロ以上は走らせていただきました。そんな経緯ですのでお客様への接し方やスタンスも他のバイク販売店の先輩セールスマンの方々とは全く違うのではないかと思います。基本的にワタクシの接客はご来店されたお客様にバイクを売るというのではなく、トライアンフいいでしょう! コレ買って一緒に遊びましょうよ! というスタンスです。趣味の仲間集めかクラブの勧誘みたいと言われています。お客様と同じファン目線でワタクシの大好きなトライアンフに乗ってほしい! という気持ちで毎回接客に当たらせていただいています。

トライアンフ京都では必ず毎月1回以上はツーリングを企画しています。まだまだ初心者ですから毎回行き先やプランニングなど自分より先輩ライダーの皆さまを満足させて楽しんでいただく企画を考えるのは大変ですが、私からバイクを買っていただいた皆さまとの約束ですから。

瀧澤晋一さんのコラム画像

一緒に走りましょう! 一緒に楽しみましょうってお誘いしましたのでお客様のタイミングで気軽に参加できるように必ず月に1回以上、毎月行うようにしているんです。トライアンフ京都のオープン時からのコンセプト「せっかく買ったトライアンフ、とことん楽しもう」をこれからも継続して日々精進してまいりますのでよろしくお願いいたします。

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す