VIRGIN TRIUMPH | 二輪メーカーの純正クロージングを選ぶ理由 鈴木祐さんのコラム

二輪メーカーの純正クロージングを選ぶ理由

今回は、イギリスの二輪メーカー、トライアンフがつくるクロージング(ウエア)についてお話したいと思います。モーターサイクルを二輪販売店で購入するのはごく普通のことだという認識の方が多いと思いますが、ウエア、特にライディングウエアはどこで購入しますか? 用品専門店でしょうか? トライアンフは、正規販売店でライディングウエアをはじめとする純正のウエアも販売しています(私たちはこれらのウエアをクロージング”Clothing”と呼んでいます)。「二輪販売店でなんで服を売っているの?」という疑問をお持ちの方が多いのではないかと思いますが、それには理由があります。しかもそこで販売されているモーターサイクルに乗る方にとっても非常にメリットがあるんです。今回は二輪販売店では少し地味な存在かもしれない純正クロージングのお話をさせていただきます。

鈴木祐さんのコラム画像

二輪販売店で服を売っている理由

1/機能性

二輪乗車用に設計されたライディングウエアにも様々なものがありますが、トライアンフのつくるライディングウエアにはトライアンフに乗った際に最大限に発揮される機能性があります。それは、製品の開発がモーターサイクルと同時に開発されているからです。たとえば、トレック3イン1ジャケットとジーンズはTiger ExplorerやTiger800などで行くアドベンチャーライディング向けのウエアですが、長い開発期間の過程で実走行テストも行われています。これはモーターサイクルメーカーという立場を最大限活かした手法です。

鈴木祐さんのコラム画像

2/安全性

すべてのトライアンフ製ライディングウエアには、CE規格というヨーロッパ域内で使用されている工業規格のうち、二輪乗車用のプロテクターを規定している規格に従ったプロテクターが標準で装備されています。あらゆる条件でライディングすることを想定したタフなつくりになっています。非常に厳格なこのCE規格にクリアするために、今まではかなりしっかりしたプロテクターが必要でした。そのため着用時にはプロテクターが目立ってしまったり、運動性が損なわれるという「安全とのトレードオフ」がありました。それが近年、トライアンフの製品には非常に薄くて柔らかく(=運動性がよい)、衝撃が加わった際にのみ硬度が増し、必要なプロテクション効果を発揮するD3oという魔法のようなプロテクターを採用した商品が登場しています。

鈴木祐さんのコラム画像

3/快適性

これまでのトライアンフのライディングウエアは、需要の多いヨーロッパや北米などでの使用をメインに考えられていたため、防寒対策は万全でしたが、暑さ対策は正直それほど進んでいませんでした。しかしながら最近では、水の蒸発の際の気化熱を利用した商品、「クールベスト」や、燃えにくいコットンをベースにつくられた「ベースレイヤー」などが登場し、日本の高温多湿な夏でもライダーを快適に保つ画期的な商品が多数登場しています。クールベストはもともと砂漠で長時間活動する軍隊などでの使用を想定して作られたもので非常にタフなつくりです。しかも電気などは一切使わず水の気化熱を利用しているためシンプルで信頼性が非常に高い商品です。ベースレイヤーは、多くの製品が化学繊維を中心として作られている中で、あえてコットンをベースにしています。これは万が一火災等に遭ってしまった際に溶けて皮膚にくっついてしまい火傷をひどくしてしまわないという配慮がなされているんです。

鈴木祐さんのコラム画像

4/デザイン

トライアンフのクロージング、特にライディング向け製品のデザインはシンプルであまりブランドの主張のないものが多いのが特徴です。店頭でのアピールはすこし弱いかもしれませんが、その反面、一度手に入れると長い間使用いただけるデザインということにもなります。また、トライアンフを愛用したことで有名な俳優、スティーブ・マックイーンをモチーフにしたシリーズの商品がラインナップされています。毎年テーマ、デザインが変わりますので続けてご購入される方も多いですよ。

さあ、もうすぐ梅雨が明けてツーリングが楽しい夏になります。その前にぜひお近くのトライアンフ正規販売店で実際に商品をご覧になってみてくださいね。

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す