VIRGIN TRIUMPH | 良い意味で衝撃的だったロシアのバイク乗り 山田健さんのコラム

良い意味で衝撃的だったロシアのバイク乗り

  • 掲載日/2015年06月26日
  • 写真・文/山田 健

今回は、旅をしていて良い意味で衝撃的だった、ロシアのバイク乗りについて紹介したいと思う。

山田健さんのコラムの画像
ロシアンバイカーのキャンプで。とにかくみんなフレンドリー!

旅に出て最初の国であるロシア。日本では政治的なニュースが多く、怖いイメージが多いと思う。だけど実際に行ってみると、まったく違っていた。やはり、その場所で感じることが重要だと思う。旅に出てみて考え方が変わった。物事を判断するときの物差しが増えたことは良かったと思う。

そこで僕なりに感じ取った“ロシアン・トラディッショナル”について、思うところ、感じたことをまとめてみた。是非日本でも広げてほしい。

①ロシア流のおもてなし

山田健さんのコラムの画像
水ではなく、すべてウォッカ。水のペットボトルだから水だと思って飲んだら「うぉぇっ!!!」となった(笑)。

ロシアの「おもてなし」はすばらしい。各街にモーターサイクルクラブ(以下MCC)があって、バイク好きな人たちが集まるガレージがある。MCCには、それぞれロゴやステッカー、革ジャンなどがあり、クラブの一体感がある。バイク乗りである一見さんにも、とても親切にしてくれる。

ガレージでは、ちょっとした修理だったり、泊まれる施設も併設されている。そんなバイク好きな人たちとお酒(ウォッカ)を飲む。こんなに楽しいことはない。もちろんそのまま泊まり。中には抗争のようなものもあるらしいけれど、基本的に人は優しく、とくに通りすがりのライダーには優しくしてくれる。

MCC以外にも、どこにも属さない大きい意味での組織や“バイクポスト”と言うものがある。バイクポストは各地にあるらしく、バイク乗りであれば、ただで泊まったり、メンテナンスすることも可能。こういうのは日本にも欲しい。さらに、僕はゲストと言うことでコーヒーやパン、プレゼントまで、いろいろなものを買ってくれた。これぞロシアン・トラディッショナルだ。

②バイク乗りがひとつのファミリーのよう

山田健さんのコラムの画像
ロシアンバイカーは一見怖そうだけど、初対面の僕に優しかった。

そこには車種やメーカーを超えた仲間意識があった。バイクが好き、それだけでいい。あえて垣根なんか作らない。日本では「何に乗っている」とかカテゴライズしてしまうケースが多いと思う。カテゴライズしないほうがいろんな人と話もできるし、考え方も学ぶことができる。

山田健さんのコラムの画像
まさにバイク乗りという感じ。

ロシアのバイク乗りは、すれ違う際に必ずと言っていいほど挨拶してくれる。中には仕事中にも関わらず、車を停めて話しかけてくる。日本だとすれ違い様に挨拶してくれるのは、北海道くらいだろうか。日本の都心でそんなことをしたら、スルーされて恥ずかしいかもしれない。

エカテリンブルグのトライアンフディーラーで修理した後、チェリャビンスクという街へ行くとき、その街のMCCを紹介してもらった。街の入り口で待っていてくれて先導してもらった。MCCの人が集まるカフェへ行き、コーヒーを飲んだり、街の案内までしてくれた。他の街でも、MCCの人が次の人を紹介してくれたり、ひとつの出会いが次の出会いへ、繋がりが広がっていく。ロシアンバイカーの繋がりはすごい。まさにファミリーだ。

山田健さんのコラムの画像
ひとつの出会いが次の出会いへ繋がり、広がっていく。

③困った人を助けてくれる

僕の場合、2回ほどロシアでクラッシュしたが(後にご紹介します…)、そんなときはいつもロシア人が助けてくれた。壊れてもちょっとしたものは自分達で直してしまう。たとえば同じ形のブレーキパッドが無かったら、カットして合わせてくれたり、折れたミラーを溶接してくれたり。

広い国だからこその助け合い精神と、自分達でなんとか修理してしまう、そんな文化がある。日本に来たらトップクラスの整備技術を持っているかもしれない。

山田健さんのコラムの画像
ユシュカルオラという街のMCCにてウォッカで乾杯。最高だ。この人たちはなんでも自分でパーツを作ってしまう。しかも工作機械まで手作り。すご過ぎ。

④ロシアのバイク乗りは、日本のバイクメーカーが好き。

山田健さんのコラムの画像
ホンダのカスタム。ロシアではウラル、インディアン、ハーレー、トライアンフもあったけれど、日本の4大メーカーを見ることが多い。

僕は「日本人のバイク乗り」と言うだけで、最初からひとつの垣根が取り除かれる。「日本から来たのか? 俺のバイクも日本製だぞ」とよく言われる。日本人でバイク乗りであれば、最初のコミュニケーション、掴みはO.K.なのだ。海外に出て初めて外から日本を見ることができたけれど、日本人であること、日本に4大バイクメーカーがあるということは、バイク乗りとして誇りに思うし、誇りを持って欲しい。もちろん、ロシアでトライアンフを宣伝してきたことは言うまでも無い。

山田健さんのコラムの画像
フェスタでは色んなモデルを見かけた。シベリアではほとんどのバイクが日本製だった。モスクワや都会に行くほど、日本車以外のバイクも増えてくる。

バイクで旅をすることで「親切とは何か」を考えさせられた。人に親切にされたから、親切にする方法が分かった。旅で親切にしてもらったことは、今後の生き方に実践したい。

山田健さんのコラムの画像
旅では、色々なことが学べる。バイクに乗ってこそ感じる事がある。
山田健さんのコラムの画像
チェコ製の『JAWA』というバイクに乗せてもらった。

最後に、スコットランド出身の俳優ユアン・マクレガーも言っている。

「すべてを自分で決められるのがいい。バイクに乗ると、本当の自分に戻れる」と。

次回も、タイガー800XCで大陸横断しながら感じたことについてご紹介します。どうぞお楽しみに。

注目のアイテムはコチラ

フリーマーケットでトライアンフのアイテムを探す